冬風邪対策!ウイルスを寄せ付けないための予防法4つ

冬風邪をひきやすい方は必見!

冬風邪対策!ウイルスを寄せ付けないための予防法4つ
本格的な冬の到来と共に、嫌な風邪シーズンがやってきましたね。

皆さんのまわりに風邪引きさんはいませんか?

飲み会やショッピング、イベント等で人混みの中へ出掛ける機会が増えると、当然感染率も高くなります。

楽しい年末年始を過ごす為にも、ウイルスなんかに負けていられません!

仕事にプライベートに頑張る女子を応援すべく、すぐに始められる風邪予防対策を「生活編」と「食事編」の2回に分けてお送りしたいと思います。

まずは、普段の生活の中で誰でも簡単に出来る予防法を4つ紹介します。

1)帰宅後は「うがい&手洗い」

風邪予防の基本中の基本、怠っていませんか?外出先で多くの人の手が触れるドアノブや手すり、買い物カゴ等には大量のウイルスが付着しています。

「うがい&手洗い」無くして風邪は予防出来ません。

中でもおススメなのが「お茶うがい」。

殺菌作用のあるカテキンが有効とされ、“緑茶うがいの子供の約7割が風邪にかかりにくい”という調査結果もあります。

2)外出時にマスクは必須

予防としてのマスク着用も定着した感のある日本の冬。

ざわちんの影響もあって、シーズン問わず伊達マスク女子も増加してる様ですね。

普段使いはコスト重視の箱買いでも、ちょっとお洒落して出掛ける時にこんなマスクはいかが?

*THE FLAVOR MASK ~ラズベリーの香り~

ざわちん初プロデュース。フレーバー付きデザインマスク

*盛れる立体ギャザーマスク!進化系甘辛レースマスク

マカロンカラーとレースのモテマスク。洗って使えるエコタイプ。

*超快適マスク女性用

快適なつけ心地にこだわったプリーツマスクより、ベビーピンクが限定販売で登場。

*be-style(ビースタイル)

口紅が着きにくい立体タイプながら、スマートな形状。ハートの飾りや4色のライトパステルカラーが◎。

*エリエール パーフェクトブロックマスク メイクガード

柔らかい耳ひもと口紅やファンデが付きにくい形状が特徴。女性の長時間装着を考慮した逸品。

人混みの中へ出掛ける機会の多い年末年始。予防対策として、マスク着用は必須です。

ちなみにマスクケースに替えを入れておくと衛生的ですよ。

*楽天/マスクケース[検索結果一覧]

3)暖房と加湿はセット使い

部屋の空気が乾燥すると、空気中のウイルス飛散量が増加。一方、喉や気管支の防御機能は低下。

この2点が重なり、風邪やインフルエンザに感染しやすくなります。

加湿器や洗濯物を部屋干しする等して、室内の湿度を50~60%に保つよう心掛けましょう。

就眠時には、濡れマスクをするのも効果的です。

*のどぬ~る ぬれマスク 夢ごこちアロマ 就眠用

アロマの香りに包まれながら、お休みなさ~い!

4)緑茶とR-1乳酸菌を毎日の習慣に

《緑茶》
緑茶に含まれるビタミンCが粘膜を保護し、殺菌作用のあるカテキンが風邪ウイルスを予防してくれます。

毎日1日3~5杯は飲むように心掛けたいもの。

但し、市販のペットボトルのお茶は濃度が低いので、急須で入れる方が良いでしょう。

《R-1乳酸菌》
小中学校の調査で効果が実証されて以来、インフルエンザ対策飲料として定着したR-1乳酸菌。

商品名「R-1」の由来となっているのが、配合されているブルガリア菌「ラクトバチルスブルガリクスOLL1073R-1」。

免疫力を高めるEPSが多く含まれているのが特徴です。

こちらも積極的に摂取してウイルスを寄せ付けない身体を目指しましょう。

★明治ヨーグルト R-1

低脂肪、低糖・低カロリーなど新しいラインナップが登場

過労やストレスに注意

過労やストレスに注意

photo by Béo EOS

過労やストレス、それに伴う睡眠不足等も体の免疫力を低下させます。

仕事もプライベートも最も多忙なシーズンですが、自分なりにリラックス出来る時間を作って、ストレスを溜め込まないように心掛けましょう。

次回は風邪予防に役立つ「食事編」を紹介します。