本好き・雑貨好きにはたまらないBIBLIOPHILIC

本も雑貨も物語があったほうがいい

本好き・雑貨好きにはたまらないBIBLIOPHILIC
本が好きで雑貨も大好き。そんな人には堪らないブランドを紹介してみる。

値段もリーズナブルで思わず衝動買いしたくなる品揃え。実用性だけじゃない、遊び心も忘れないその名も「BIBLIOPHILIC」。

何をあげたらいいのか分からない、そんな友人などへのプレゼントにもオススメのブランドである。「読書」は本を読まない人ほど忌諱するものではあるが、邪見にされることはまずない。更に好みやきっかけさえあれば全年齢層がハマれる趣味である。

あなたのイチオシ本と一緒にBIBLIOPHILIC雑貨をプレゼント、なんて素敵ではないだろうか。

読書用品ブランド BIBLIOPHILIC

すでにご存知の方も多いだろう。2014年4月には雑誌の「ダ・ヴィンチ」創刊20周年記念でコラボしたブックポーチを発売していた。ロゴマークは三冊の本の上に、猫が乗っている。

コンセプトとして、
【愛書家の邸宅、図書館の庭、古本屋の店先——不思議なことに、本のある風景の中には、よく猫がいます。「BIBLIOPHILIC」の猫のマークには、あなたの机の上や本棚の隅で、静かに長く愛されるブランドでありたいという意味】
がこめられているとのこと。[公式HPより抜粋]

なるほど、確かに本と猫のツーショットには違和感ない。むしろ文豪と呼ばれる人々は総じて猫好きが多く、猫に関する作品も多いものである。

納得の実用性と秀逸なデザイン

なんて、どんなに言葉を尽くしたところで百聞は一見にしかず。目にした瞬間思わず「購入ボタン」をクリックしてしまった3商品をピックアップしてみよう。(個人的趣味に傾倒してしまっている点には目をつぶっていただけると幸い)

*BOOKMASK BLACK
納得の実用性と秀逸なデザイン
本を痛めないため、読んでいる本が周囲にバレないように…ブックカバーをする理由とは人それぞれだろう。しかし今使用しているカバーで本当に満足しているか?知る人ぞ知る「HAOMING」とコラボした遊び心満載のブックカバー。(ブラックの他にもシルバー、ゴールドの全3色)

*FISH BOOKMARK BLUE
納得の実用性と秀逸なデザイン
購入時についてくるブックマークじゃ味気ない。一瞬でもそう思った事があるのならこんなブックマークはいかがだろう。釣りで使用するルアーと同じ素材/塗装で仕上がっており、ディティールも驚くほどのこだわりよう。思わず人の目につく場所に本を置いておきたくなる。

*BOOK CONTAINER
納得の実用性と秀逸なデザイン
積み上がった本、本、本。そんな部屋にはこの木製コンテナはいかがだろう。サイズは2種類あり、文庫や単行本がピッタリ収まる。ロゴである黒猫が焼き印で施してあるため、このコンテナならばどんなに積み重ねても部屋の印象を悪くする事はない。

趣味だからこそ“こだわる”

「読書の秋」なんて生温い、私は年中無休で本の虫だという方。またはこの季節、この機会に読書に浸ってみようと思っている方。

読書の空間を自分好みに、雑貨を使ってオシャレに演出してみてはいかがだろうか?きっと本を読むのはもちろんのこと、鞄から本を取り出す瞬間から楽しくなること間違いない。

↓BIBLIOPHILIC公式HP↓
bibliophilic