おうちでゆっくり…雨の日に読んで欲しいオススメの本

暇なんて言わせない

おうちでゆっくり…雨の日に読んで欲しいオススメの本
雨の日はみなさんどうして過ごされますか?必然的に家にいる時間は長くなる、でも暇で仕方ない…

そんな方に、年中家で読書している私が気分別にオススメの小説とコミックをご紹介いたします。憂鬱な雨の日のお供に、参考にしていただけると幸いです。

しとしと雨の降る日にこそ、静かに文学に浸る

しとしと雨の降る日にこそ、静かに文学に浸る
ノルウェイの森/村上春樹
日本現代文学の代表とも言えそうな作品です。読み進めるのに時間のかかる作品だからこそ、落ち着いた空間でしっとり読んでもらいたいです。

作品の冒頭や作中に、雨の降るシーンがあるので雨の日に読むとより物語の世界に入っていきやすいかもしれません。

すみれの花の砂糖づけ:江國香織
すみれの花の砂糖づけ/江國香織
直木賞作家であられる江國香織さんの詩集です。江國さんの言葉はどれもみずみずしくて優しく、たまにちくりと痛いんです。女の人を描くことが得意な江國さんの、シンプルでかわいくてやさしくて、ドキっとするような女のための詩が読めます。

これも、おだやかな雨の日に読むとよりいっそう言葉がしみるように感じられるのではないかと思います。

本当に面白いエンタメ作品が読みたーい!

本当に面白いエンタメ作品が読みたーい!
陰日向に咲く/劇団ひとり
最近は映画『青天の霹靂』で監督をされた劇団ひとりさんの小説。笑いあり、切なさありでぐいぐい引きこまれてしまいます。

魅力あふれる作品ですので、読んで損はないでしょう!

本当に面白いエンタメ作品が読みたーい!
死神の精度/伊坂幸太郎
人気作家、伊坂幸太郎さんの作品です。「俺が仕事をする時はいつも雨なんだ――」 雨男の死神が見る、人間ドラマ。

雨がふる日に読むと作品の世界観により深く入っていけるかもしれません!映画化もされているので、小説を読んで気に入ったら是非DVDで楽しんで下さい。

しっとり、しみじみ。深く感動したいアナタには…

きみに読む物語/ニコラス・スパークス
きみに読む物語/ニコラス・スパークス
本当の恋って?そして、愛って?染みるような海外発の名作です。大切な人がいるあなたにも、恋がしたいあなたにも、是非読んで欲しい究極のラブストーリー。

しっとり、しみじみ。深く感動したいアナタには…
世界から猫が消えたなら/川村元気
2013年本屋大賞ノミネート作品。 『告白』などの映画を手がけた映画プロデューサー川村元気さんの小説です。読みやすい文章ですが、

中身は哲学書のよう。ほのぼのとした気持ちにも、切ない気持ちにもさせてくれます。私は思わず号泣してしまいました…染みわたるような作品です。

やっぱり漫画が好き!せっかくだし、雰囲気のある漫画が読みたい

やっぱり漫画が好き!せっかくだし、雰囲気のある漫画が読みたい
ソラニン/浅野いにお
宮崎あおいさん主演で映画化された浅野いにおさんの代表作です。リアルな恋愛模様と独特の世界観にぐいぐい惹きこまれます。

やっぱり漫画が好き!せっかくだし、雰囲気のある漫画が読みたい
strawberry shortcakes/魚喃キリコ
「ストロベリーショートケイクス」のタイトルで映画化された魚喃キリコさんの代表作。四人の女性の日常を描いたコミックです。

作品全体にただようアンニュイな雰囲気や切なさに心をつかまれてしまいます。

番外編:雨の日だからこそスカッとする漫画が読みたい!

番外編:雨の日だからこそスカッとする漫画が読みたい!
俺物語!!/河原 和音
雨の日くらい明るくいきたい!というあなたにイチオシの少女漫画。従来の少女漫画とは一線を画する作品です…!

笑いたい、キュンキュンしたい、青春を感じたい、スカッと明るくいきたい!そんなアナタに是非オススメしたい作品です。

天気になんて左右されない

いかがでしたでしょうか?貴女のお気に入りの作品になるのなら幸いです。晴耕雨読といいますし、雨の日に是非手にとって読んでみて下さいね。