1年に1度「癒やしの魚座満月」で十五夜・スーパームーンを堪能しよう

宙に想いをはせる

宙に想いをはせる
2014年9月8日と9月9日の2日間。まさに今日明日の月が注目されているのをご存知だろうか。

それもそのはず。今日は十五夜であり、明日は世界的にも注目されているスーパームーンの日なのだ。

こんなタイミングで2つの月イベントが重なることはめったにない。

更に今回満月が起こる位置も重要であり、普段このようなイベントに興味がない・忘れがちな人も観ないと勿体無い。是非とも月見を実施していただきたい。

十五夜とは

十五夜と聞いて、10月を連想していた人も少なくないだろう。

中秋の名月・十五夜は、旧暦8月15日のこと。そのため2014年はまさに今日、9月8日なのだ。

そもそも十五夜とは農作物などの収穫に感謝するお祭りであり、月は古来から信仰の対象であった。

そのため無事に農作物が収穫できること、できたことを月に感謝するイベントなのだ。月見団子などの「お供えもの」はこの感謝の気持ちに起因している。

しかし感謝もさることながら、風雅なイベントとしての需要も高かったようだ。まさに月見の宴、月見酒などといった言葉があることからもわかる。

月の見える窓辺で一杯。「確かに粋だ」と感じる辺り私自身、イベント寄りの日本人だと痛感する。

スーパームーンとは

1年に1度「癒やしの魚座満月」で十五夜・スーパームーンを堪能しよう
満月が5万キロもの距離を旅して、地球に最も近づいてくれる現象のこと。

因みに最も地球に近づくのは9月9日の10時38分。観ようと思っても陽は高く、仕事等で観ることは難しいことだろう。

加えて、スーパームーンは通常の月と比べて月光の明るさと大きさが違うことが特徴である。

これらを比較するためにも、対象物があったほうが違いを実感できると言われている。

そのため9月9日のベストな見頃としては18時~20時頃と算出されている。(月出は17時56分。日の入りの時間等も考えてこの時間が割り出されている)

そして次のスーパームーンは来年9月28日であるため、これを逃すと1年お預けを食うことになるので注意が必要だ。

魚座満月の魅力

極めつけに、今日明日の十五夜とスーパームーンは魚座の位置で起こるという点が挙げられる。

魚座は12星座の中で最後に位置している。そのためすべての問題を溶かすように解決し、次の新しいサイクルにつなげてくれる役割を担っている星座である。

更に海王星のエネルギーも今回の満月には加わっているため、感情の開放や夢や理想を求める力が拡大される可能性が高いという。喧騒からの逃れ方を忘れた人程、魅力的な話だ。

また、片想い中の方に朗報。魚座の満月には恋を成就させる力もあるとのこと。

気になる人と月見ができるようにセッティングしてみるのもいいかもしれない。きっとロマンティックな、記憶に残る夜を過ごすことができることだろう。

特別たる由縁

特別たる由縁
スーパームーンに関しては、次に最高のスーパームーンを観られるのは20年後。2034年になるのだという。

思わず自身の年齢に20を足して気が遠のいた。

しかし若い今に観た月と、20年後に観る月。果たして違いを見いだせるほど覚えていられるかは定かではないが、感想だけでも思い起こせたらと思う。

今日明日は上を向いて帰ろう。

皆さんもふっ、と肩から力を抜いて空を見上げてみてはいかがだろうか。