今年も話題沸騰!厳選ハイブリッドスイーツ

クレームブリュレ・パンケーキスフレ

クレームブリュレ・パンケーキスフレ
ふっわふわのスフレ化したパンケーキの上にはパリパリっとしたクリームブリュレがのせられています。

パンケーキ生地には豆腐が練り込んであるので、もちもちとした食感に加えてスフレのふわふわ食感も楽しめる美味しさ。

オーガニックアガペシロップを生地に使用していることも、健康志向の高い方にもおすすめです。和三盆を使った生クリームとイチゴが可愛らしく飾られています。

ホテルインターコンチネンタル東京ベイのニューヨークラウンジのメニューです。

【公式HP】

フローズンスモア

フローズンモア
チョコやジェラードを冷やしたまま、マシュマロに包み込んで、焼き目をつけたお菓子です。

英語ではS’more(s)と綴り、「some more」が語源です。美味しくてもっと、食べたくなるから、というのが名前の由来です。

元々スモアはアメリカ人のキャンプには欠かせない誰もが楽しみにしているスイーツ。それはキャンプファイヤーで木の枝にマシュマロをつけて焼いたモノ。

とろんとしたマシュマロをクッキーに、はさんで食べる定番の食べ方が進化してフローズンスモアになりました。

ビスキー

ビスキー
イギリスで人気のクッキー×ビスケット×ケーキの組み合わせ。ロンドンの「カッター&スクイッジ」という姉妹が生み出しました。

見た目はマカロン、食感はサクッとしたクッキーの間に、手間のかかった美味しいクリームがはさんであります。

人工着色料を使用せずに天然成分からつくられています。緑茶のフレーバーは高級な日本の茶葉を使い、鮮やかな緑色を作り出すほど手間がかかっています。

健康派のセレブにも大人気です。

ダフィン

ダフィン
ロンドンにある「ビーズ・オブ・ブルームベリー(Bea’s of Bloomsbury)」生まれの名物スイーツ。

ドーナツ生地のマフィンに、フレッシュジャムを詰めて、バターとお砂糖がまぶしたモノがダフィンと呼ばれるお菓子です。

しっとりした素朴な生地の中心にジャムが入っています。

タウニー

タウニー
ダフィンの御本家「ビーズ・オブ・ブルームベリー(Bea’s of Bloomsbury)」が、さらに新しい美味しさを発見です。

タルト生地にブラウニーをのせた、名前も風貌も可愛らしいタウニーです。

これぞスイーツマジック

思わず味わってみたくなること間違いなしの新食感ハイブリッドスイーツ。

お気に入りのスイーツが新たな変貌を遂げて続々登場。

魅惑のスイーツとスイーツのマリアージュからは、なかなか目が離せません。