今年の運勢を決める初夢

初夢について

今年の運勢を決める初夢
新年に見る夢で、その年の運を占う事をいいます。

初夢を見る日は地方によって違い、一般的には1月2日の夜から3日の朝に見る夢です。1月1日の夜から2日の朝に見る夢を「初夢」というところもあります。

初夢で見ると、縁起の良い物として「一富士(いちふじ)、二鷹(にたか)、三茄子(さんなすび)」と言われています。めでたい順に並べられた、ことわざです。

これには色々な説がありますが、徳川家康の好きな物が一番目に富士山・二番目に狩り・三番目に初物のなすであった事から生まれた言葉だと言われています。

また縁起を担いだ語呂合わせで、富士山=無事・鷹=高い・なす=成すとの事から「無事に高いことを成す」との意味説があります。

ちなみに富士山・鷹・茄子を夢占いで診断してみると

・富士山
幸運の象徴です。山には、目標達成・成就の意味があります。特に富士山はすべてにおいて幸運であることを表します。

夢に出てきた場合は、すべてにおいて運気が上昇しているでしょう。

・鷹 
地位や権威の象徴であり、出世や成功を現わす吉夢とされています。

・茄子
富士山と同じく、幸運の象徴です。宝くじなどを買ってみるのもいいかもしれません。

しかし状況によっては、悪い意味も表すとされるので注意が必要です。

続きは、こちらをご覧ください。富士山や鷹の夢の続きも詳しくされています。
⇒ *夢占い・夢診断

良い夢を見る為のポイント

・見たい夢のイメージをする
睡眠に入る前にリラックスした状態で見たい夢をイメージすると、その夢を見る確率が高くなります。

脳の前頭葉に記憶されたイメージが、海馬の記憶と照合されて夢のシナリオが作られると考えらます。

・質の良い睡眠をとる
眠る前や眠っている間の心身のコンディションは、睡眠の質を左右します。お正月だからといって、飲みすぎは考えものです。

アルコールは寝付きを良くしてくれますが、しばらくすると浅い睡眠となり夢を見づらくします。

またご馳走を食べ過ぎると、消化のため胃腸が休めず睡眠の質が低下してしまいます。腹8分目を目安に、調整していきましょう。

そして眠る時間の1~2時間前に、ぬるめのお風呂にゆっくりと入ってリラックスしましょう。

明かりを消した静かな寝室で布団に入ると、見たい夢を見れる確率が高まります。

最後に

どんな夢を見たのか覚えておく事も大切です。

一晩のうちに見るのは、1回だけとは限りません。目覚めるまでに時間があると忘れてしまう事もありますもんね。

良い夢を見る為に、6時間~7時間半・もしくは9時間くらいたっぷり眠りましょう。すっきり目覚めることにより、見た夢を思い出しやすくなるそうですよ。

それでは、素敵な初夢が見られますように。是非、参考にして下さい。