ページトップへ

ココロとカラダ2015/07/19 12:00

夏の寝苦しさを解消したい!夜に向けたお手軽対策4つ

暑さが厳しい日は、寝苦しさに遭遇しやすいものです。そんな寝苦しさとサヨナラしたいと思った時は、スパイスたっぷりのカレーを予防的に食べてみたり、ペパーミントの精油をバスタイムに使ってみたりする方法があります。 そして、視覚的効果で気持ちをおだやかにさせるお茶や自分の体だけで試せるかんたんな方法もご紹介いたします。

晩ご飯はスパイスの効いたカレーで

晩ご飯はスパイスの効いたカレーで
焼けるような暑さの中でもスパイスの効いたカレーには、何となく食欲をそそられるものです。

食欲がなくても一気に食べられるスパイスたっぷりのカレーは、消化液の分泌を促すように働きかけます。

スパイスの辛味刺激は、腸のぜん動運動という腸の内容物を送り出す運動も促してくれるので、夏に不調があらわれやすい胃腸の健康をバックアップしてくれます。

そして、スパイスの効いたカレーを食べていると汗をかきますが、食べ終わった頃には汗が引いて食事の前よりも皮膚の表面の温度は下がる、と言う現象が起こります。

汗をかいてきちんと消化・吸収が行われる体はリラックスモードの副交感神経が優位な状態ですので、寝苦しさを防ぐために夕食はスパイスの効いたカレーがおススメです。

ペパーミントでスッキリ快眠に

ペパーミントでスッキリ快眠に
暑い季節は汗をかいたとしてもシャワーで済ませがちですが、バスタブにつかった方が気持ちよく眠れるものです。

熱いお風呂に入るのはどうしても抵抗がある…という人には、ペパーミントの精油がおススメです。

ペパーミントは汗をかかせるように体へ働きかけ、汗をかくことで結果的に体温が下がります。

MARKS&WEBでは、「ハーバルバスパウダー ペパーミント」と言う重曹がベースになった入浴剤を販売しており、商品詳細の欄にも『入浴中から入浴後までひんやり感が持続。夏のバスタイムにおすすめ。』と紹介してあります。

炭酸水素ナトリウム=重曹はお肌をなめらかにする作用を持っているので、ペパーミントが含まれたバスパウダーを使って汗をすっきりと流し、しっとり素肌で気持ち良くお休みの時間を迎える事が出来るでしょう。

バタフライ・ピーの青色でリラックス気分を

バタフライ・ピーの青色でリラックス気分を

photo by http://cafeteaful.com/

バタフライ・ピーはアンチャンや蝶豆と呼ばれることがあり、蝶のような形をした青い花を咲かせます。

タイではこの青色の花をお茶や天然の着色料としてお菓子などに用いています。

近所にタイ雑貨を扱うお店がなくてもネットで購入することが出来るバタフライ・ピーのお茶は美しい青色で、ライムやレモンなど酸性のものをプラスするとキレイな紫色に変わります。

なぜ紫色に変化するのかと言うと、バタフライ・ピーの青色であるアントシアニンに反応するからです。

寝苦しくて寝付けない夜は、この天然の青色のお茶を眺めて深海にいるような気分を味わえば、気持ちがリッラクスモードにシフトしていくでしょう。

即席のアイスティーを作りたいと思った時は、氷をグラスいっぱいまで入れてその上からホットティーを注げば完成です。

風味が損なわれることがないので、氷が解けていく音を聞きながらクールダウンをしてみてはいかがでしょうか。

一瞬で涼しさを感じられる方法

夏の寝苦しさを解消したい!夜に向けたお手軽対策4つ
これは世界中を旅したヨガの先生から教わった方法です。その方法はとっても簡単で、舌を餃子のようなかたちにして、息を吸うだけです。

いまお試しになった方は、いかがだったでしょうか?周りがどんなに暑くても、口の中だけはひんやりしますよね。

全く何もない状態でもこの方法を覚えておけば一瞬で涼しさを感じることが出来るので、寝苦しさを感じた時は是非思い出してください。

WRITER

めぐみん

めぐみん

流れるように生きてきて、今は自然の中で活動中。「やってみなくちゃ分からない!」がモットーなので、自分の体で試す実験的なことが大好き。