ページトップへ

ココロとカラダ2014/11/24 12:00

「面倒くさい」は自己暗示!?口癖に隠された言霊の秘密

何か行動を起こす時、前に進めなくしてしまう「面倒くさい」と言う言葉。いつの間にか口癖になっていませんか? この言葉、実は使えば使うほど不幸体質になってしまう可能性があるのです!面倒くさい心理と言霊のメカニズムを知って、改めてみませんか?

「面倒くさい」の正体

「面倒くさい」は自己暗示!?口癖に隠された言霊の秘密
仕事やプライベートでの人間関係、お洒落やボディケア、家事etc…女性の毎日はとにかく多忙を極めます。そんな日々を送っていれば、最低でも1日に1度位は「面倒くさい」と感じることがありますよね?

しかしそもそも、人は何故「面倒くさい」と思うのでしょうか?

そこには深層心理が深く関わっていて、失敗するかもしれないという「恐怖」+「不安」によって「やりたくない」と思ってしまう。

この「やりたくない」、恐怖と不安の足し算によって生まれたプレッシャーこそが「面倒くさい」の正体なのです。

そしてこの一言には強烈な“言霊”なる力が隠されているのをご存じですか?

「言霊」が行動を支配する

口癖は、潜在意識の表層部分から発せられていると言われています。そう、「表層」部分です。

それなのに一度口に出した言葉はそのまま脳にインプットされ、脳はその言葉通りの指令を出してしまいます。

つまり口癖は「言葉→脳→身体→行動」というルートで、堂々とカラダを支配しにきます。この力こそ「言霊」なのです。

では何となくでも「面倒くさい」と一言でも口にしてしまったら?脳は素直に「面倒くさい」と自己暗示をかけ始めます。

おかげで深層心理にも「面倒だ、やるな」という指令を出してしまうのです。

負のスパイラルに囚われる

負のスパイラルに囚われる
更に「面倒くさい」が口癖の人は、往々にして「疲れた」とワンセットにしがちです。

おかげであらゆる行動に対して「面倒くさい」→「疲れた」→「面倒くさい」という一番やっかいな負のスパイラルに陥ってしまい、抜け出せなくなってしまいます。

こうなると、人間関係や健康面に至るまで様々なネガティブなものをどんどん引き寄せてしまいます。

心身ともに疲れやすい、女子力が低下してしまいがちの人は心当たりがありませんか?

プラスのモノを見つけて、言葉にする

そんな最悪なスパイラルから抜け出す為には、「ありがとう」「好き」等のプラスの言葉を口にするように努めてみましょう。

1日1回必ず何かに感謝する、思わずふわっと笑ってしまうことを見つけるようにする、など意識してみましょう。写真を撮るのも効果的です。

本や映画などから心に響いた言葉を書きとめる方法もおススメです。

そうやってプラスのモノや言葉をひとつひとつ積み重ねることで、自然と色々な事に前向きに取り組めるようになっていきます。

そうしてふとした瞬間、いつの間にかマイナスの言葉を口にしなくなった自分に気付ける筈です。

人生とは面倒なもの。だから愛しい

人生とは面倒なもの。だから愛しい
世の中には面倒な事がたくさんあります。私達の現実が楽しい事よりも辛くて苦しい事の方が多いように、人生も面倒な事の方が多いもの。

でも、だから愛しいのだと思います。

面倒という言葉を「手がかかる」と言い換えることが出来ます。

例えば、よく「手のかかる子供ほど可愛い」と言いますよね?それはきっとそれだけ“必要とされている”と感じるからです。

人は自分が“必要とされている”という事に、存在意義や幸福を見出せるものです。

例えばあなたが面倒だと思う仕事や人間関係においても、全てが“あなたの人生に必要とされている”のです。

だから面倒くさいと思っても、そこにはちゃんと人生を豊かにする為のヒントが隠されていて、あなたに見つけてもらうのを待っているのです。

どうか、その事を頭の隅にでも留めておいてください。

WRITER

モカ

モカ

やさぐれ感が否めないアラフォーシングルマザー。息子と仕事、レゲエ&ソウルをこよなく愛している。良くも悪くも、HOTな経験を活かしてDon't worry Be happyなコラムを執筆中。