ページトップへ

ココロとカラダ2015/08/23 15:00

話題のノーパン睡眠は効果あり!?メリット・デメリットと最適パジャマ選び

最近再び注目を集めている、睡眠時下着をつけないというノーパン睡眠。 ノーパンと聞くと、抵抗感を覚えるかもしれませんが、メリットはたくさんあります。 ストレスフリーになる効果、美容面でもプラスが多いので女性にとって嬉しいことばかり。 今回は、ノーパン睡眠に関するメリット・デメリットをご紹介いたします。

話題のノーパン睡眠は効果あり!?メリット・デメリットと最適パジャマ選び

ノーパン睡眠のメリット

今から20年以上も前に流行った「ノーパン健康法」が再び、注目を集めています。
その当時の理論は今でも通用する点が多く、ストレスが多い今だからこそ再注目を集めたのです。
ノーパン睡眠の最大のメリットは、下着の締めつけから解放されることによって血行が良くなるという点です。

最近は一日中パソコンの前に座ってデスクワークをこなすという方も多い時代。
一日中座りっ放しでいると下着と衣服の締めつけで、足の付け根がいつも圧迫されてしまいます。
さらに、寝る時もボディラインを気にしてきつめの下着を着ているという人は要注意。
その結果、女性の大敵との言える色素沈着や、血液や老廃物の循環が悪いことにより足のむくみが起きてしまうのです。

日中は仕方がないので、せめて睡眠時は締め付けから解放させてあげるべき。
ぐっすり眠れるので翌朝の身体の調子が違ってきます。ノーパン睡眠は試してみる価値あり!と言えます。

ノーパン睡眠の秘訣は、こまめな洗濯

ノーパン睡眠の秘訣は、こまめな洗濯
ノーパン睡眠のデメリットは、衛生面です。
衣類やシーツなどは、こまめに洗濯をする必要性が出てきます。
洗い方は、気になる部分を洗濯石鹸でこすってから洗濯機に投入するのがおススメです。
洗濯石鹸は驚くほど汚れが落ちる優秀なアイテム。

睡眠時の汗の量は想像よりはるかに多いもので、ノーパンで寝具に肌が接触する面積が多い分、清潔さには気を配らなければなりません。
ちなみにバスタオルをどのくらいの頻度で洗うか、という話題がしばし議論される事がありますが、パジャマの洗濯頻度も個人差がかなりあるようです。
いくつかのアンケート調査を見てみると、パジャマを毎日洗濯している人は大多数ではないようです。
それを考えると、毎日の洗濯が必須となれば、手間になります。

しかしノーパン睡眠は、そんなデメリットをカバーできるほどのメリットがあります。
一度試してみるのもありですよ。または、締め付けの緩い下着を選ぶのも手です。

ノーパン睡眠に最適なパジャマ選び

ノーパン睡眠をする際におすすめしたいパジャマは、ロングワンピースタイプのものです。
スウェットをパジャマ代わりにしている人も多いようですが、締め付けの少ないものとしてはワンピースタイプが最適。
ロングワンピースタイプのパジャマはゆったりとしたデザインですが、ダボつく事はないので、気持ちよく着こなせます。

素材は綿100%が理想的ですが、他におススしたい素材はモダールです。
モダールを使った衣服は、軽くてサラサラした肌触りが何とも言えず心地良い素材です。
フィットするので体のラインが出やすいですが、ノーパンで着用するには最適の素材だと言えます。

ノーパン睡眠は自分の「心地よさ」を最優先させたアイテム選びから入ると、抵抗が少なくなります。
自分に合ったナイトウェアやシーツ選びから始めてみましょう。

おすすめのパジャマ

●シンプルマキシ丈ワンピース

 

●モダール混ワンピース

 

●モダール生地『ku-fuku』ドレープポケットカットロングワンピース

ノーパン睡眠に抵抗があるなら緩めの下着を!

前述しましたが、どうしてもノーパンはちょっと…という方には、せめて締め付けの弱い下着選びをおすすめします。
健康面や疲れを取るには、やはり良質な睡眠は不可欠。
ぜひ取り入れてみてくださいね!

おすすめの下着

●ボーダー柄かぼちやパンツ

 

●綿素材でお肌にもやさしい♪おうちパンツ

 

●股にゴムがない ふんどしパンツ

WRITER

めぐみん

めぐみん

流れるように生きてきて、今は自然の中で活動中。「やってみなくちゃ分からない!」がモットーなので、自分の体で試す実験的なことが大好き。