ページトップへ

ココロとカラダ2015/08/27 15:00

薬に頼らない頭痛の治し方!原因から解く4つのツボ

日々、突然襲ってくる頭痛は辛いものですよね。薬を飲んでも治らない時などは特に…。 健康や美容によいと言われているツボは、いくつか覚えておくと日常的な体調不良にも役立ってくれます。 今回は、頭痛に対処できる4つのツボを原因別にご紹介していきたいと思います。全てセルフケアが出来るツボなので気になるものからお試しくださいね。

薬に頼らない頭痛の治し方!原因から解く4つのツボ

ツボ押しのコツ

各ツボを試す前に、まずはツボ押しのコツを抑えておきましょう。

ツボ押しのコツは目をつぶってゆっくりと息を吐きながら押すことです。呼吸のリズムに合わせることで、自律神経にも働きかけをしますよ。

冷房の冷えによる頭痛解消のツボ

冷房での冷えによる頭痛解消のツボ

顔を前にたおした時、首の後ろにあらわれる大きな骨の下

否応なしに直撃してくる冷房の冷たい風は、頭痛の原因となることも少なくありません。

そんな時には、「大椎(だいつい)」と言うツボの周りをストールなどでカバーしてしまいましょう。大椎のある首の後ろの筋肉が冷風によって冷やされてしまうと、首がこわばって頭痛を引き起こしてしまうことがあります。

冷房が原因かな?と思う頭痛の時は大椎のまわりを冷風から守りましょう。

また東洋医学では、この大椎のある首の後ろのエリアから風邪などが侵入してくると考えられています。体調管理のためにも普段から首と肩甲骨の上あたりは冷やさないように気をつけましょうね。

イライラが原因の頭痛解消のツボ

イライラが原因の頭痛解消のツボ

おおよそ頭のてっぺん。からだの中央のラインと両耳の上のとがった部分を結んだラインが交わるところにある。

ストレス社会と言われている現代。イライラすることもありますよね。そのイライラが続くと、頭が痛くなってしまうことがあります。

そんな時は、頭のてっぺんにある「百会(ひゃくえ)」を覚えておくといいでしょう。このツボは気持ちを落ち着かせるために最適です。

イライラがツボから抜けてくれるようなイメージでゆったりとした深い呼吸を繰り返してみてください。頭がスッキリして痛みも軽減されますよ。

目の疲れから起こる頭痛解消のツボ

目の疲れから起こる頭痛解消のツボ

目尻の外側で少しくぼんだ部分にあるツボ

仕事でパソコンのモニター画面を見つめ続けていると、頭痛や眼精疲労を感じやすくなります。

そんな時には「太陽(たいよう)」と言うツボを押してみましょう。左右のツボを同時に押してみると、片方だけ筋肉の張りを強く感じる場合があります。
そんな時には筋肉が張っている方のツボ押しを先に行ってください。

緊張がほぐれると頭や視界がすっきりクリアになってきます。

奥歯の噛締めによる頭痛解消のツボ

奥歯の噛締めによる頭痛解消のツボ

肘を曲げた時に出来る横線の外側で一番端にあるツボ

慣れない仕事や同じ作業の繰り返しを続けていると、無意識に奥歯の噛みしめていることはありませんか?それも頭痛の原因となりえます。

そんな時には一旦目をつぶって「曲池(きょくち)」と言うツボを押してみましょう。

このツボを押すと無意識で食いしばっていた奥歯の方にまで効いてきます。何度か押しているとあごの力が抜けて頭痛も感じなくなってくるでしょう。

このツボは風邪の引き初めにも良いと言われています。風邪気味だと感じた時にも使ってみてくださいね。

薬に頼る前にセルフケアで頭痛とサヨナラ!

辛い頭痛、手っ取り早く治すには薬は必要不可欠。でも、薬を飲まずに頭痛が治るとなれば、それが一番いいですよね。

特に薬が効かなくなるなど改善が見えない方は、ぜひツボ押しを試してみてくださいね。

頭痛が起きる前に予防としてツボ押しを習慣化することをおすすめします。

WRITER

めぐみん

めぐみん

流れるように生きてきて、今は自然の中で活動中。「やってみなくちゃ分からない!」がモットーなので、自分の体で試す実験的なことが大好き。


ドレッサー
ママレッタ