ページトップへ

恋愛・結婚2015/06/03 15:00

彼の離れた気持ちをつなぎ止める逆転の方法5つ

最近彼が冷たい。彼氏の心が離れていってると感じる時。彼の気持ちを繋ぎ止めておく方法ってあるの?そこで有効なのが、自分と彼との関係を見つめ直す「内観法」。 彼に「してもらったこと」「してあげたこと」「迷惑をかけたこと」を思い出しながら、自分自身を振り返る事で、終わりそうな恋を復活させる事が出来るかもしれません。

彼の離れた気持ちをつなぎ止める逆転の方法5つ

photo by DeveionPhotography

もしかして心変わり?

・最近、彼の様子がおかしい。
・忙しいという理由で会ってくれない。
・電話に出ない。
・メールの返事も来ない。

彼氏の心があなたから離れていっていると感じる時。

何もせず運命に身をゆだねるべきか、それとも何か対策を打つべきか、悩みますよね。

こんな時、どうしたら恋人の心を繋ぎ止めておく事ができるのでしょうか。

今回は、このピンチを2人の関係を再構築するチャンスに変える為に、「内観」を中心にあなたがすべき事について5つの段階を追ってお話したいと思います。

 

彼の状況を把握する

今現在、彼は忙しかったり疲れたりしていませんか?

連絡をくれない彼に、すぐに理由を聞きたいからといって相手の状況を無視したメールや電話は、追い打ちにしかなりません。

まずは相手の状況を把握する事から始めましょう。

そして、彼の現在の気持ちを一旦受け止めて尊重しましょう。

 

追わず、放置し過ぎない

追わず、放置し過ぎない
「話す事」でストレスや問題を処理する女性と違って、男性は一人になってじっくり考える事で問題を解決しようとします。

無理に問い詰めたりすると、別れ話になり自爆する可能性が高い事を覚えておきましょう。

かと言って放置し過ぎるとそのまま自然消滅してしまう可能性もあります。

あなたに別れたくない気持ちがあるのであれば、1週間に1度位の間隔でさり気なく連絡してみる事も必要です。

そしてあえて距離を置きながら、その間に自分を客観的に見つめ直す時間を持ちましょう。

今の状況を悲観するだけでは無く、2人の関係を再構築する為のチャンスだと捉えるのです。

 

「内観法」で自分を見つめ直す

内観とは文字通り「内を観る=内面の観察」です。

私たちは普段、自分の都合や価値観で外を見ています。つまり「外観」をしているから、自分が見えてこないのです。

だから何か悩みを抱えている、生きづらいという時には、一度自分自身を振り返って自分を見つめなおす「内観」が有効なのです。

《内観法》
内観療法(英語:Naikan therapy)とは、本来修養法として開発された吉本伊信の内観法を医療、臨床心理的目的のために応用する心理療法(精神療法)のこと。

1960年代から精神医療現場に導入されるようになった。1978年には日本内観学会が発足している。

また、国際的な評価も得られており、2003年には国際内観療法学会も設立され現在に至っている。

出典:wikipedia

 
「内観法」で自分を見つめ直す

photo by caterina.appia

1)内観の方法

これまで自分がまわりの人に対して「してもらったこと」「してあげたこと」「迷惑をかけたこと」をノートに書き出します。

今回のケースでは、彼氏との出会いから今までを、過去から現在にさかのぼって思い出していきます。

*彼からしてもらったこと
*彼にしてあげたこと
*彼に迷惑をかけたこと

この3つの質問に1日約1時間~2時間程、1週間取り組んで、具体的な答えを探してみて下さい。

1週間も!?と思うかもしれませんが、実際に取り掛かってみるとその意味が分かってきます。

彼と一緒に作ってきた時間をひとつひとつ振り返るのに、1週間は長いですか?短いですか?

あなたが「別れたいくない!」と願う彼とのかけがえのない思い出であれば、決して長くは無い筈です。
 

2)3つの質問の意味とは

*【してもらったこと】

普段、私達は相手に「してもらった事」よりも「してもらえなかった事」を考える事の方が多いものです。

「どうして○○してくれないの?」「あの時○○してくれなかったでしょ!」といった事はたくさん浮かぶ筈です。

それは、あなたが相手に対して望んだ事に対してであり、自分の都合で相手を見ているからです。

「してもらった事」とは、あなたの欲求に対してではありません。

だから実際に「してもらった事」は同じ位、いいえ、それ以上に多い筈なのです。
 

*【してあげたこと】

相手にお返しした事、或は「してあげた」事。これも非常に身につまされる質問です。

私達は「してもらうこと」ばかり考えていて、あまり「してあげる」という事を意識しない場合が多いのです。

そしてここで言う「してあげたこと」も、彼に言われてした事ではありません。

あなた自身の意志で彼が必要としているサポートを「してあげた」事です。

「愛されたい」欲求と「してほしい」欲求は比例します。すなわち「愛する」事と「してあげる」事も比例するものなのです。
 

*【迷惑をかけたこと】

私達は、自分が「迷惑をかけられたこと」や「傷つけられた」記憶はなかなか忘れません。

一方、自分が迷惑をかけた事については、その時点で気がついていない、或は気がついてもすぐに忘れてしまったりするわけです。

「だって私は迷惑かけて無いし、傷つけた覚えもないもの」と思うのだとしたら、それもあなたの
勝手な思い込みにしか過ぎません。

自分はそんなつもりは無かったけど、彼にとっては迷惑だったかもしれない…。あなた目線では無く、彼目線で立ってみるとどうでしょう?

傷つけ、傷つけられる事。癒し、癒される事。

恋愛関係に限らず、人と人が深く関わる時、どちらが一方だけが傷を負う事は無いのです。
 

3)内観で思い出すこと

3)内観で思い出すこと

それでは内観で具体的にどのようなことを思い出すのでしょうか。例えば最初はこんな感じでしょう。

誕生日に●●のプレゼントをくれた。
お返しに彼の誕生日には○○をプレゼントした。
デートの約束に1時間位遅れて迷惑をかけた。

このように最初は表面的な事しか思い出せません。でもこれが2日、3日経つともう少し具体的になります。

風邪を引いて寝込んだ時に、看病してくれた。

レトルトだったけどお粥とリンゴをむいて食べさせてくれた。薬も買ってきてくれてた。

次の日仕事なのにほとんど眠れなくて辛かっただろうな…お返しは…お礼を言って、元気になってから手料理を振る舞った。

迷惑は、友達との飲み会に無理やり付き合わせてしまった。気を遣って疲れたみたいだった。

そう言えば、彼が熱を出した時にお見舞いに行くって言ったけど、うつしたくないから大丈夫って言われたから行かなかった。

更に続けると…

夏祭りに連れて行ってくれた。最初は仕事で難しいって言ってたけど、当日無理して早めに仕事切り上げてくれたんだろうな。

普段から仕事終わるの遅くて、平日にデート出来ないから愚痴ばっかり言ってた気がする。

浴衣姿を見て「似合ってるね」って褒めてくれ、はぐれないようにって手をつないでいてくれた。

あの時歩きながら食べたタコ焼きとかき氷、美味しかったな。そう言えば、彼はほとんど食べてなかった気がする。

本当はお腹減ってたんじゃないかな。どこか寄って食事したら良かったかも…。

帰り道がすごく混んでて、段々彼が不機嫌になった。「何怒ってるの?」って聞いたけど「別に」って言われて、すごく気まずくなった。

悲しい気持ちでいると、突然彼がイヤホンを片方渡してくれた。はめたら私が大好きな曲が流れてきた。

嬉しくて私の方から手を握った。

このように、断片的なものでは無く、その時の出来事が映像で蘇るくらい鮮明に思い出す事がポイントです。

3つの質問への回答は、それぞれ独立していても、ひとつのエピソードの中におさまっていても構いません。
 

4)内観によって得られるもの

内観をする事で、私たちは多くの貴重な「気づき」を得ます。

上記の例から言うと、彼女は彼から自分の目に見えるものだけを受け取っていたのです。だから彼の気持ちを察する事が出来ずに、すれ違いが生まれたのでしょう。

悩んでいる時は自分中心でしか物事を見られない場合が多いものです。

しかし、内観によって見方が変わると、その問題をこれまでとは違う受け止め方が出来るようになります。

今あなたが置かれている状況を、広く深く洞察する事で自ずとこれから取るべき対処法が見えてくるのです。

 

彼に手紙を書きましょう

彼に手紙を書きましょう
今回のケースの場合、大切な人に思いを伝えるには電話やメールよりも手紙が有効です。

瞬間瞬間の相手の反応によって伝え方、伝わり方が変わるといった事が無いので、書く方も読む方も、その思いとじっくり向き合う事が出来ます。

自分自身を振り返って見て、分かった事。
彼に対する思い。
これからどうしたいのか。

自分の素直な気持ちを手紙にしてみましょう。字や文章に自信が無くても大丈夫。

大切なのは、思いを整理しながら大切に扱う事にあります。

書いている内に新たに気づく事もあるかもしれません。おそらく何度も書き直す事になるでしょう。

けれど、そんな風に大切に紡ぎだされたあなたの気持ちは、結果はどうであれ、必ず彼に届く筈です。

 

最後にメールか電話で会う約束を

彼が手紙を読んだ頃を見計らって、メールか電話で連絡をとってみましょう。

「手紙、読んでくれた?」から始まり、一度会って話したい旨を伝えます。

ここで誠意ある男性であれば、あなたときちんと向き合う時間を割いてくれます。

 

後悔しない為に

人の心を変えるというのは不可能かもしれません。

けれど、彼の心の動きに早めに気づく事で、良い結果に繋がる可能性は残されています。

駆け引きではなく、相手との関係に誠実であろうとする姿勢こそが、人の心を動かすのです。

自分をきちんと見つめ直し、彼に誠意と情熱を持って接したのであれば、きっと後悔はしない筈。

あなたの思いが彼に届くよう祈っています。

WRITER

モカ

モカ

やさぐれ感が否めないアラフォーシングルマザー。息子と仕事、レゲエ&ソウルをこよなく愛している。良くも悪くも、HOTな経験を活かしてDon't worry Be happyなコラムを執筆中。