ページトップへ

恋愛・結婚2015/02/24 15:00

【ホワイトデー】彼に可愛いなと思われる上手なおねだりの仕方

もうすぐホワイトデー。さてその気になるプレゼントの中身とは。貰ってガッカリした理由や物、欲しい物や予算等のアンケートを基に見えてきた本命へのアプローチ方法。 「コイツ可愛いな」と思わせる上手なおねだりテクニックをご紹介。あなた好みの男に育てるチャンスかもしれません。

【ホワイトデー】彼に可愛いなと思われる上手なおねだりの仕方

ホワイトデーはガッカリデー?

今までホワイトデーに本命から貰ったプレゼントで、少しでもがっかりした経験はありますか?

《ポンパレモール》が行った調査によると、この問いに対して「ある」と回答したのは47.3%。約2人に1人はがっかりした経験アリという、残念な結果に。

ではその理由や女子が期待する予算など、リアルなホワイトデー事情を紐解きながら、男性にどうアプローチすれば良いのか『上手なおねだりテクニック』をご紹介します。

もらってガッカリした理由

Q.本命からもらってガッカリしたのは何故ですか?
1位:期待していたプレゼントより安かった
2位:センスが悪い
3位:適当に選んだ感じがした

もらってガッカリしたもの

Q.本命からもらったプレゼントでがっかりしたものは?
1位:クッキー
2位:アクセサリー
3位:キャンディ

この後に「その他」「チョコレート」「ハンカチ」と続きます。

欲しい物ランキング

Q.本命からもらいたいプレゼントは?
1位:アクセサリー
2位:チョコレート
3位:ケーキ

この後に「ケーキ」「財布」「クッキー」と続きます。

ホワイデーのプレゼント予算

Q.本命からのお返し/具体的な理想金額は?
1位:5,000円未満
2位:5,000円~10,000円未満
3位:10,000円以上~20,000円未満

 

●アンケート資料●
《ポンパレモール/ホワイトデー特集》
・調査期間:2014年1月22日~24日
・調査方法:インターネットによるアンケート調査
・有効回答者数:300名

もうガッカリしない為には

もうガッカリしない為には

「アクセサリーは欲しいけど、センスが無いものはいらない」
「アクセサリーが欲しかったのに、クッキーなんてガッカリ」

自分が思い描くモノと相手がチョイスしたモノが違い過ぎた場合に起きる【残念感】。

その原因と政略ポイントとは次の3点。

《原因と攻略ポイント》
*バレンタインに貰ったプレゼントの予算を知らない=ホワイトデーの予算も知らない

*ほとんどの男子に「あなたと同等のセンス」は無い。

*そもそもプレゼント選びそのもが苦手

なんともトホホな状態ですが、確かにセンスが良いプレゼントをサッと用意出来る男性の方が少ないですよね。という事で、攻略ポイントはズバリ!

「予算+欲しいものをセットでリクエストする」或いは「一緒に選ぶ」しかありません。

問題はそのリクエストの方法です。次は彼に「コイツ可愛いな」と思わせる【おねだりポイント】を見ていきましょう。

彼のモーション別おねだりポイント

①「お返し、何がいい?」と聞かれた場合

聞いくれるだけでもポイントが付いてしまうという情けないホワイトデー事情…。でもここは作戦デス!

*ステップ1
「う~ん(暫し考える)、今すぐ思いつかないな~、後でメールするね!」と一旦話題を切る。

ここで即答してしまうといかにも「お返しありき」なガツガツ感が出てNG。

かと言って「なんでも良いよ。気にしないで」なんて気を遣った回答は、「そうかいらなんだ」と真に受けられるか、「そうかなんでもいいんだ」とキャンディーやクッキーに落ち着きがち。

それで良いならアリですが、欲しいものがあるのなら作戦が必要です。

*ステップ2
後日欲しいものをメールで伝えます。

「えっとね、こんな感じの」と画像や商品ページへのリンクを忘れないで下さいね。

ここでの目的は彼にあなたが欲しいプレゼントを正確に記憶させる事です。

*ステップ3
「一緒に見に行って決めても良い?そしたらデートも出来るから嬉しい」と二人で楽しみたいをアピール。

事前にプレゼントの画像や価格が頭に入っている為、後は【楽しくデートしながらお買い物】というパターンに持っていきましょう。

②「ひよっとして忘れてる?」何のアプローチも無い場合

デートをおねだりする
「ホワイトデーに欲しいモノがあるんだけど…」と前置きして、「1日デートしたい」とモノでは無く【あなたと一緒にいたい】感を前面に出しましょう。

てっきり何かモノをねだられると思っていた彼は、ドキッとする事間違いなしです。

そしてデート当日にさり気なくショッピングコースを取り入れ、「ちょっと見たいものあるんだけどいい?」と付き合ってもらいましょう。

「これ可愛いな、どう思う?」

気持ちがアガッている彼なら「買ってあげよっか?ホワイトデーのお返しに」なんて言ってくれるかも。

「いいんじゃない?」なんてスルーする彼なら、一旦その「モノ」はあきらめましょう。

代わりに映画や食事など大好きな彼との「コト」を楽しみましょう。その後にさっきのモノよりお手頃感のあるものを選んで「これ欲しいな」と甘えてみましょう。

彼の最初のスルーが【金額】的なものだった場合、二人で楽しんだ時間の経過と価格が下がったコトで気持ちが緩む可能性大です。

プレゼントは心を交換する事

プレゼントは心を交換する事
いかがでしたか?プレゼントは物々交換では無く、気持ちを交換し通わせる事。

贈り物ベタな男性に「モノ」だけを期待するのでなく、一緒に「コト」として楽しめる女性って素敵だと思います。

それに相手が不快に思わないテクで、欲しいものをリクエストして一緒に選ぶというのを通して、あなたの好みをレクチャーしてあげるのも一手。

より、あなた好みの男に育ってくれるかもしれませんよ。

 

【特別な日の贈り物!New Yorkから直接届く感動☆日本未発売ジュエリー 】

WRITER

Aki

Aki

口癖は「大丈夫!」これだけで数々のピンチを切り抜けてきた、“七転び八置き”を地で行く人生を謳歌している30代。内面のスキルUPをメインに紹介していきます。