ページトップへ

恋愛・結婚2015/02/20 16:00

【寂しい女がモテる】孤独を知る女こそ理想の彼女になれる理由

人は皆、寂しいから誰かを好きになる。孤独が恋愛の原動力とするならば、寂しさとどう向き合えば良いのでしょう。そして『寂しい女』と『寂しがる女』とで異なる恋愛力とは。 孤独との上手な向き合い方を知れば、只ひとりの運命の人との出会いが一歩近づくかもしれません。サム・スミスのデビューアルバムの中から「Make It To Me」をエンディング曲にお届けします。

人は皆孤独な生き物

【寂しい女がモテる】孤独を知る女こそ理想の彼女になれる理由

「人間は生まれた時から一人で生まれ、死ぬ時も一人で死んでゆきます。孤独は人間の本性なのです。だからこそ、人は他の人を求め、愛し、肌であたため合いたいのです」

瀬戸内寂聴

人は皆孤独をネガティブなものとして捉えがちです。

けれど家族や友人、恋人がいても一人ひとり異なった別個の人間である以上、私達は皆孤独から完全に逃れることは出来ません。

だから誰かを求め、繋がりたいと思うのです。

【人は孤独だからこそ人を愛そうとする。同時に人を愛する事で孤独を知る】のはこの為です。

孤独は恋愛の原動力です。

『寂しい女』と『寂しがる女』、一見同じようなマイナスイメージを抱きがちなこの2つのタイプ。

実は大きな恋愛力の差があるのです。

それを解くカギ、孤独との向き合い方についてお話したいと思います。

「寂しい女」と「寂しがる女」の違い

1)寂しがる女

「寂しがる女」は孤独を受け止めることが出来ずに、相手に埋めてもらおうとします。

だから好きでも無い人と付き合ったり、彼氏依存症になってしまう傾向があります。孤独から逃げている間は、恋愛も長続きしません。

一見モテるように見えて、「只ひとりの人」にはなかなか出会えません。

2)寂しい女

自分の寂しさを自覚し、受け止めることが出来る女性。その孤独感を知っているからこそ、人に優しくなれたり感謝出来るようになるもの。

だから他人の寂しさにも寄り添うことが出来るのです。

出会いの奇跡を知っている人は、必ず「只ひとりの人」にめぐり会う事が出来ます。

寂しさを受け止める

寂しさを受け止める
大切なのは寂しさを埋めようとするのでは無く、受け止める事。

そうすれば、人の優しさやその出会いを大切にしようと思える筈。自分の寂しいという感情に共感する事で、他人にも共感出来るようになります。

それが【恋愛力】を高める事に繋がるのです。

寂しさは始まりのサイン

ふと立ち止まった瞬間に寂しさを感じたとき。それはひとつのサインです。

「1歩を踏み出しなさい」とあなたの人生がそう言っているのです。

孤独を認める事が出来たなら、未知の出会いを恐れてはいけません。今度はそのチャンスを広げる時なのです。

寂しさをかき集めて、愛そう

寂しさをかき集めて、愛そう
ありったけの寂しさをかき集めたら、自分で自分を抱きしめてみましょう。

その腕の中には、これまで懸命に生きてきたあなたがいる筈です。「頑張ったね」って褒めて、そして愛してあげて下さい。

そして誰かを抱き締めよう、恋をしよう

自分の寂しさを抱き締める事が出来る人は、同じように他の誰かを優しく抱き締めてあげる事が出来ます。だから傷つく事を怖がらないで恋をしましょう。

「人は皆孤独である」。

けれどその壁を越えて出会えた奇跡、そして二人でいることの幸せを感じる瞬間。それこそがきっと幸福な恋愛の在り方なのです。

『Make It To Me』Sam Smith

寂しさを知っている貴女へ、今日はこの曲を贈りたいと思います。

第57回グラミー賞でアデル以来の4冠を手にしたサム・スミスの『Make It To Me』。

まだ見ぬ運命の恋人に向けて、「居場所を1人分だけ空けてある」「だから顔をしっかり上げて、僕のところまでたどり着いてほしい」というラブソングです。

あなたが1日でも早く、まだ見ぬ愛しい人と出会えますように。

★『Make It To Me』Sam Smith

『SAM SMITH/IN THE LONELY HOUR』

WRITER

抹茶

抹茶

占いと甘いモノが大好き!「甘いモノ、食して己に甘くなる」今日この頃。一向に治まる気配が無い「物欲」が悩みの種。