ページトップへ

恋愛・結婚2014/12/06 20:00

重い女がやりがち彼に送るタブーメール

恋人と毎日逢えなくても、メールで繋がることができますよね。お互い楽しく利用できたら最強のツールです。しかし利便性はトラブルと紙一重。 今回は重い女がやりがちなタブーメール3つをピックアップ。あなたのメールは大丈夫?

重い女にならないために

重い女にならないために
恋愛中は、様々な感情が生まれます。彼のことを好きになりすぎて、ついつい度が過ぎてしまった・・・なんてことに後から気付いて反省したり。

メールの仕方一つでも、気をつけなければ重たい女になってしまいます。

親しき仲にも礼儀ありとの言葉があるように、連絡を取り合う際に相手にやってはいけない事についてお伝えしていきます。

王道なものからライターの経験談まで綴っていきますので、少しでも参考になれば幸いです。

1、返信を強要するメール 

王道中の王道ですが、一種の束縛に近いです。朝起きた時・昼休みに入った報告・仕事から帰ったよ・・・のメールを強要する。

そんな事をしたら、1日に何回のメールを送ったらいい?と正直なりますよね。彼女に応えたい気持ちはあるでしょうが、彼も一人の人間です。

仕事以外に、自分の時間も確保したいでしょう。このままでは、好きだという気持ちも分からなくなる恐れもあります。

もしくは信頼されていないのか?と悲しくもなりますよね。女性は男性の時間を、束縛したがる傾向があります。

好きな人との時間を多くもちたい気持ちは充分分かります。ですが一方的に求められると、逃げたくなるものです。

相手に注ぐエネルギーを、自分磨きの時間にあてましょう。素敵な女性になっていく姿を見て、彼もきっと嬉しいはずです。

2、頻繁に送り続けるメール

こちらも、心あたりがあるのではないでしょうか。会えない時だからこそ、メールのやりとりをしていたいですよね?

それだけを聞くと、可愛らしく思います。ですが、頻繁に送り続けるとなると話は変わってきます。

ただでさえ、男性は仕事のプレッシャーを感じていますからプライベートぐらいは自由に解放されたいですよね。

その負担を少しでも軽くする為に、返信はできる時にしてくれたら嬉しいなどと一言添えると、気軽に受け取る事ができます。

そうすることにより、相手の状況を察することができますしね。ですがなかなか返事がない場合は、心配にもなってきます。

この時は、時間帯をみて電話をかけてみましょう。臨機応変に連絡手段を利用していくと良いですね。

3、感情を乱すメール

彼が仕事中などに、どうしても気になる事がある。今すぐ言いたいって時がありますよね。そんな時は「話したい事がある」とだけ、メールしましょう。

すると相手から、何だろう?と気になり連絡が来ます。この場合、言葉にして確認する方が安心します。なので電話か逢うなりの方法で解決させましょう。

苛立つ感情や不満がある場合もそうです。間接的に感情を乱すのは、絶対にやめましょう。

何故そういうのかと言うと、恥ずかしながら経験者でもあるからです。メールですからね、話が噛み合わなくなりだんだん誤解が生じていきました。

お互いの怒りがヒートアップし、面と向かって喧嘩するよりもエネルギーをつかいました。そうなると、当然仲直りするのにも時間がかかりました。

あまりにも腹が立って、眠れなかった覚えがあります。今では良い教訓となってますがね。

しかし万が一のケースにもなりかねませんので、深呼吸していったん落ち着いてから行動に移していきましょう。

募らせるのではなく言葉にして伝える

重い女がやりがち彼に送るタブーメール
いくら彼氏だからといって自分本位に求めてしまうと、あなたとの関係さえも苦痛になりかねません。

これ以上、重くて嫌な女になってしまう前に自分の気持ちをちゃんと言葉にして伝えていきましょう。

そうすることにより、今より楽な気持ちで信頼関係を築くことができます。是非、参考にして下さい。

WRITER

yoo★

yoo★

好きなことやりたいことに対し、とことん貪欲に!おっとりしてるように見らがちですが、ちゃっかり行動派です。一度きりの人生!楽しくハッピーに生きます。