ページトップへ

ライフハック2014/09/15 09:00

【結婚式マナー】欠席をスマートに伝える実例4つ

披露宴に招待されたけれど色々な理由で欠席せざるを得ないときってありますよね。 そんな時は、新郎新婦に失礼のないようにスマートにお断りしたいもの。 社会人として恥ずかしく無い、ケース毎の断り方のポイントを紹介します。

断り方こそマナーが大事!

【結婚式マナー】欠席をスマートに伝える実例4つ
結婚式に招待されたら、出来る限り出席したいもの。でも、急な仕事や身内の不幸、体調不良などで急に欠席せざるを得ない事態が発生する場合もあります。

或は既に先約が入っていたり、そんなに仲が良いわけでもないから欠席したい…という場合があるのも事実。そんな時、相手に迷惑をかけない最低限のマナーを知っておく事は、社会人としてとても大切な事です。

今回はそんな断り方のマナーについて紹介します。

招待状を返信する前に欠席がわかっている場合

1)まずは電話でお詫び
招待はされたけど、どうしても行けない理由がある場合は、電話でお祝いとお詫びを伝えましょう。言いにくくても決してメールで済ませてはいけません。

お祝い事なので病気や身内の不幸などの理由の場合は「やむを得ない事情があって…」と曖昧にするのがマナーです。返信期限までに出欠席どちらになるか曖昧な場合はいつまで待ってもらえるか事前に確認した方が良いでしょう。

2)「欠席」はがきを返信
電話で欠席の旨を伝えても、招待状が届いていたらそれに返信するのが礼儀です。お祝いとお詫びのメッセージを添えるのを忘れないで下さいね。

【例文】
この度はご結婚おめでとうございます
残念ですが当日はどうしても都合がつかず出席する事ができません
お二人の幸せを心よりお祈り申し上げます

3)ご祝儀かプレゼントを贈る
披露宴に招待されたら、出席しなくてもなんらかの形でお祝いをするのがマナーです。金額的には、お料理や引き出物の金額を引いた1万円相当が一般的です。

ご祝儀を包んでも良いですし、二人の新生活に役立つ物をプレゼントすると喜ばれるかもしれませんね。どちらも披露宴が行われる日より前に渡しておくのが良いでしょう。

4)当日は電報でお祝いの気持ちを伝えましょう
披露宴当日は、会場宛に電報を打って、お祝いの気持ちを伝えましょう。結婚祝いの電報には様々な種類があるので、二人のイメージに合ったものをチョイスして下さいね。

出席はがきを出した後に欠席しなければならなくなった場合

出席はがきを出した後に欠席しなければならなくなった場合
1)一刻も早くお詫びの電話を
返信後に欠席が判明した段階ですぐに相手に連絡を入れましょう。欠席になると料理や引き出物等のキャンセルをしてもらわなくてはならず、二人に迷惑を掛けることになります。

また多くの場合、式の10日前を過ぎるとキャンセル料が発生する場合がほとんどです。勝手に代理人を立てるのはマナー違反なので注意しましょう。

2)ご祝儀を忘れずに渡しましょう
返信後の欠席の場合も、ご祝儀は必ず贈りましょう。結婚式直前のキャンセルならば同額を包むのがマナーです。

料理や引き出物のキャンセルがきく、式の2週間前まで欠席を伝えた場合は、出席した場合の半額程度をご祝儀とするのが一般的です。披露宴が行われる日より前に渡すようにしましょう。

3)電報を贈ってお祝いの気持ちを伝えましょう
披露宴当日には会場宛に電報を贈りましょう。心を込めたメッセージを贈ることで、きっとあなたの祝福の気持ちが二人に伝わるはずです。

当日急遽欠席しなければならなくなった場合

1)至急会場に連絡を
急遽体調を崩してしまったり、やむを得ないトラブルに巻き込まれてしまうという事もあるでしょう。そのような時は、新郎新婦では無く、会場に直接電話を入れるようにします。

当日最も多忙な主役の二人は電話に出れない可能性もありますし、余計な手間をかけては返って迷惑です。

2)後日、ご祝儀とお詫びを
お料理や引き出物などを用意してもらっていたのですから、出席する場合と同じ額のご祝儀を渡すのが礼儀です。但し、披露宴直後はハネムーンや新居の引越し等で何かと忙しいもの。

落ち着いた頃を見計らって、ご祝儀と共に改めてお詫びとお祝いの言葉を二人に贈りましょう。

二次会に招待されたけれど断る場合

1)招待状にはきちんと返信を
披露宴の招待状返信と同様、お祝いと欠席の理由を添えて必ず期限内に返信しましょう。二次会だけに招待されていた場合、当日は会場に祝福の電報を送ると良いでしょう。

2)当日の急な欠席は必ず電話連絡を
当日、急に欠席しなければならなくなった場合は、必ず幹事さんに電話で連絡を入れます。

二次会は会員制なので特別ご祝儀を贈る必要はありませんがプレゼントなどで祝福の気持ちを伝えた方が良いでしょう。

“お祝いの気持ち”を言葉やカタチにして贈るコト

“お祝いの気持ち”を言葉やカタチにして贈るコト
結婚式を欠席するというのは、どのような理由であれ新郎新婦に残念な思いをさせてしまうのは事実です。また場合によっては余計な手間をかけてしまうこともあります。

やむを得ず欠席する場合でも、お祝いしたいという気持ちを込めて言葉やカタチにして伝えることが大切ですよ。

WRITER

Aki

Aki

口癖は「大丈夫!」これだけで数々のピンチを切り抜けてきた、“七転び八置き”を地で行く人生を謳歌している30代。内面のスキルUPをメインに紹介していきます。