ページトップへ

ライフハック2015/09/04 15:00

スマホ疲れはツボ押しで治せる!疲れ目・猫背・指の痛みに効く解消法

今や生活必需品となったスマートフォン。 便利で手放せない・長時間使い続けているなんてことも珍しくありません。 そのため、体のあちこちで感じるスマホ疲れに悩んでいる人も多いはず。 疲れると、自然と体をもんでみたりしますよね。どうせなら、疲れに効くツボを把握してから押すと、より効果的ですよ!

スマホ疲れはツボ押しで治せる!疲れ目・猫背・指の痛みに効く解消法

片手スマホ操作で親指が痛いときは

片手スマホ操作で親指が痛いときは

「合谷(ごうこく)」…ちょうど親指と人差し指の付け根の部分にあるツボ

スマホで文字入力と言えばフリック入力が定番ですよね。

片手でフリック入力を続けていると、どうしても親指が酷使され、違和感が出てきたり痛みを感じたりするものです。

そんな時におすすめのツボは「合谷(ごうこく)」。このツボを押す時は少し人差し指方向へ押し込むと、じんわりとひびく感じがして気持ちいいですよ。

スマホの使い過ぎで、合谷の周りがパンパンに張ってしまった時は、数回に分けてツボ押しを行うといいでしょう。

ネットで嫌な情報を見て意気消沈

ネットで嫌な情報を見て意気消沈…

「労宮(ろうきゅう)」…手のひらの真ん中あたりあるツボ

スマホでネット検索を続けていると、自分が見たくない情報を目にしてしまう事も少なくありません。それで気分がどんより…。

そんな時には「労宮(ろうきゅう)」と言うツボが効きますよ。このツボは極度の疲労を感じた時に良いと言われています。

スマホを手元から離して、目をつぶりながらじんわりとしたツボ押しを行ってみましょう

手に汗握るような緊張状態の時にも、このツボはおススメです。いろいろなことから解放されるイメージでツボ押しを行うと、気持ちがだんだん穏やかになっていきますよ。

猫背によるスマホ疲れに効くツボ

猫背によるスマホ疲れに効くツボ

photo by tsubomaster.com

「鳩尾(きゅうび)」…みぞおちの部分にあるツボ

スマホの画面に集中していると、「なんだか息苦しくなってきた…」と言う経験があるかと思います。

頭を下げてスマホの操作を続けていると、いつの間にか猫背になってしまっているものです。

呼吸がしづらくなった時には「鳩尾(きゅうび)」と言うツボを意識してみましょう。首が前に出た猫背の姿勢を続けると、このみぞおち辺りの部分が硬くなります。

姿勢の悪さに気付いた時は、スマホをいったんテーブルの上に置いて、このツボに手を当てながらゆっくりとした深呼吸を繰り返します

みぞおちの辺りが伸ばせるようになったら、肩をゆっくりと回し背中を伸ばせば気分もスッキリとしてきますよ。

目元美人の大敵!眉間にシワ&眼精疲労を解消

目元美人の大敵!眉間にシワ&眼精疲労を解消

photo by fancl.co.jp

「攅竹(さんちく)」…眉頭にあるツボ

集中しすぎると、目元にグッと力が入ってしまいますよね。その状態を続けていると、眉間にシワが寄り、目も酷使され疲れてきます。

目元美人が一気に遠のいてしまいますよ!

そんな時には「攅竹(さんちく)」と言うツボを押しましょう。このツボは、眉間のシワと眼精疲労が解消に効くとされています。

息をゆっくりと吐きながら、外側に押し広げるようなイメージでツボ押しを行ってみましょう。何回か続けていると目の周りがじんわりと温かくなり、やわらかくなってきますよ。

ツボ押し&使用時間の制限を上手に利用しよう

まさに現代病であるスマホ疲れ。
使用時間を減らすことも考えつつ、このツボ押しをマスターすれば、スマホと上手く付き合うことができますよ。

深刻化する前に、セルフケアで解消していきましょう!!

WRITER

めぐみん

めぐみん

流れるように生きてきて、今は自然の中で活動中。「やってみなくちゃ分からない!」がモットーなので、自分の体で試す実験的なことが大好き。