ページトップへ

ライフハック2015/04/04 15:00

お家で出来るシミ抜き方法と洗濯のケアポイント

前回の「外出先での応急処置」に続いて、今回は帰宅後のシミ抜き方法とお洗濯のケアポイントをご紹介。手間がかかって難しそうなイメージがある「シミ抜き」に使うのは、台所用洗剤!? ついてから時間が経てば経つほど落ちにくくなる「シミ」に効果的な、漂白剤の種類と正しい使い方も合わせてお届けします。

お家で出来るシミ抜き方法と洗濯のケアポイント

シミ抜き&洗濯前処理のケアポイント

外出先でのうっかりシミ。応急処置をしたら、帰宅後すぐにお洗濯。洗濯機に入れるその前に!事前処理とシミ抜き、ちゃんとやってますか?

シミは衣類の素材やついてからの時間の経過などにより、落ち具合も違ってきます。

そして一度洗濯してしまうと、シミが繊維に入り込んで落ちにくくなってしまうんです!だからシミがついたまま洗濯機にポイ!は厳禁。

衣類の素材や汚れに合わせたシミ抜き&洗濯前のひと手間で、グンとシミを落としやすくする方法をご紹介します。

漂白剤の基礎知識

シミ抜きというと「漂白剤」を思い浮かべる人が多いと思いますが、その使い方を誤ると返って衣類を台無しにしたり、人体に影響を及ぼす場合もあります。

ここでは、漂白剤の種類と注意点について見て行きましょう。

漂白剤は大きく分けると「酸化型漂白剤」と「還元型漂白剤」の2種類があります。

一般的に家庭用として使われているのは「酸化型漂白剤」で、その中に「塩素系」と「酸素系」があります。

1)塩素系漂白剤

★花王/ハイター 大 塩素系漂白剤

・主に白物専用漂白剤やカビ取り洗剤として使われています。
・臭いが強く毒性があります
・酸性のものと混ぜると有毒ガスが発生します。
 絶対に他の洗剤と混ぜて使用してはいけません。
・漂白力が強く色柄物を脱色させる為、白物以外には使えません。
 また、白物でもロゴやイラスト等の部分は色落ちする場合があります。
・ウール、シルク、ナイロン、ポリウレタンには使用出来ません。

2)酸素系漂白剤

★花王/ワイドハイターEXガンコなシミ用 酸素系漂白剤 洗濯用洗剤

・色柄物にも使用できる漂白剤。
・塩素系漂白剤と違い、繊維を傷めずシミや汚れの色素を落とします。
・基本、全ての繊維に使えますが、染色が不十分な衣類は脱色を起こす場合があるので事 前にチェックした方がベター。
・ファスナー、ボタン、フックなどの金属製の付属品や、含金属染料で染められたもの、 金糸、銀糸などは変色する可能性があります。

以上のように、ロゴやイラスト、金属製の付属品が付いていないコットンやポリエステル素材の白物のひどい汚れには「塩素系漂白剤」、それ以外のものは「酸素系漂白剤」を使った方が良いようです。

そして使用する前は、必ずラベルに記載されている注意事項を確認するようにしましょう。

洗濯機に入れる前のケアポイント

洗濯機に入れる前のケアポイント
ついてからあまり時間が経っていない小さなシミには、洗濯機に入れる前に次のような前処理を行いましょう。

1)食べこぼしや油のシミ

スプレータイプや塗布タイプの部分用洗濯洗剤、または酸素系の衣料用液体漂白剤の原液を塗って、すぐに洗濯します。

※衣類が変色したり傷んだりする場合があるので、部分用洗濯洗剤と酸素系漂白剤を同時に塗布するのはNG。

2)おしゃれ着についたシミ

おしゃれ着用洗剤の原液を直接シミ部分に塗り、馴染ませてからおしゃれ着洗濯法ですぐに洗濯します。

洗濯で落ちないシミは「シミ抜き」を

時間が経ったシミには無理の無い範囲で「シミ抜き」を行いましょう。

シミが広がるのを防ぐ為、シミ抜きは周辺から中心に向かってが基本。デリケート衣類や、落ちにくそうなシミの場合は無理せず、クリーニング店に任せましょう。

※自宅で洗えない物はもちろんシミ抜きも出来ないので、必ずクリーニングに出して下さいね。

シミ抜きを始める前に

色柄物の衣料は必ず目立たない箇所で、色落ちテストを行いましょう。

《シミ抜きテストのやり方》
白タオルに水や洗剤液をつけ、衣類の目立たない箇所に押し付けます。

色が移ったらシミ抜きで色落ちする可能性があるので、クリーニング店に任せましょう。

シミ抜きの方法

シミ抜きの方法
コーヒーや醤油など水溶性の飲食物の汚れや、カレーやチョコレート、口紅やファンデーションといった油分を含むシミには、油汚れにも強い『台所用洗剤』が大活躍!

適度な粘りが、汚れ粒子が繊維の中に入り込むのを防いでくれます。

《準備するもの》
・台所洗剤
・ゴム手袋
—————
・乾いたタオル
・古い歯ブラシ

《綿・ポリエステル等の素材についたシミ抜きの手順》
1)台所用洗剤を原液のままシミ部分につけます。

2)指先を使って洗剤とシミを馴染ませるように優しくなでます。馴染んだらシミ部分を優しく揉みほぐして汚れを落とします。いきなり強く揉むと、シミが繊維奥に入り込んで取れにくくなります。

3)ぬるま湯ですすぐ。水よりもお湯の方が落ちやすいので、40℃くらいのお湯ですすぎます。落ちない場合は数回繰り返してみて下さい。

4)シミが取れたら、そのまま衣類にあった洗濯を。

 

《デリケート素材についたシミ抜きの手順》
1)乾いたタオルを2~4つに折って敷き、「シミのついた側」がタオルにつくようにして衣類を置く。

2)歯ブラシに水で薄めた台所洗剤を少量つけて、シミ部分をたたきます。

3)タオルの位置を変えながら、シミの色がタオルにつかなくなるまでたたき、次に水ですすぎます。
※デリケート素材はお湯でダメージを受ける事があるので、水を使いましょう。
※シミが薄くなるなってきたら2)3)を繰り返して下さい。

4)輪ジミにならないように境目をぼかす。

5)タオルで水分を吸い取り、自然乾燥させる。

6)シミが取れたら、衣類のあった洗濯方法で洗濯を。

※洗剤液は中心にたらすと、シミが広がり輪ジミになるのでNG。周辺から中心に向かってたらしましょう。
※洗剤をつけすぎるとすすぎにくくなるので注意。

 

《シミが取れない場合》
それでも取れない場合は、一旦乾燥させてから酸素系衣料用漂白剤を使用します。

1)シミ部分に酸素系漂白剤を塗る。シミがついた衣類の下に乾いたタオルを敷いて、シミ部分に漂白剤を塗布します。

2)シミ部分をドライヤーで加熱します。漂白力を高める為、シミから約15cm程離して約10秒程度加熱します。もし色落ちが発生したらすぐに過熱を止めて下さい。シミが薄くなったら数回繰り返してください。

3)シミが取れたらそのまま衣類に合った方法で洗濯します。

無理は厳禁!プロのクリーニング店にお任せ

慌ててやみくもにシミ抜きをすると失敗しがちです。素材がデリケートなものだったり、ちょっと自信が無い場合は、無理せずプロのクリーニング店に任せましょう。

お出掛けが楽しくなるこれからの季節。外出先での応急処置と帰宅後のシミ抜きをマスターして、お気に入りの服を長く楽しみましょう!

WRITER

Aki

Aki

口癖は「大丈夫!」これだけで数々のピンチを切り抜けてきた、“七転び八置き”を地で行く人生を謳歌している30代。内面のスキルUPをメインに紹介していきます。


ドレッサー
ママレッタ