ページトップへ

女子力UP2015/09/30 15:00

不運の原因!?風水的にやってはいけない10のNGルール

南枕、洗面所でメイク、財布がいつもパンパン、ショッピングはネットメイン…。いつも何気なくやっている行動やしぐさが不運を呼んでいた!? 今日からでも簡単に開運できる「しぐさ風水」についてご紹介。運気をあげる為に、風水的にNGな、やってはいけない10のコトをお送りします。

不運の原因!?風水的にやってはいけない10のNGルール

いつの間にかやっていた!不運を呼ぶ癖&しぐさ

これまでも持ち物や習慣など、色んな風水をご紹介しましたが、今回は「しぐさ風水」に着目。

ついやってしまいがちな不運を呼ぶ癖&しぐさを改めるだけで、運気アップのきっかけ作りになる筈ですよ。

では早速一体どんな行動やしぐさがNGなのか、一緒に見ていきましょう!

ネガティブな言葉を使っている

ネガティブな言葉を使っている
言霊という言葉の通り、人が発する言葉には魂が宿ります。つまり、ネガティブな言葉にはマイナスのパワーが宿るというワケです。

つい感情的になって、相手にマイナスの言葉を発すると、そのマイナスパワーはあなた自身に跳ね返ってくる事になるのです。

カーテンを閉めっぱなしにする

旅行等で長期不在にする場合は別ですが、朝、カーテンを開けずに出かけるのはよくありません。

陰陽説と呼ばれる風水の基本的な考え方では、日中の気を陽、夜の気を陰とし、両方のバランスが取れている状態がベストとされています。

日中に日差しが入らない部屋は、陰の気だけで満たされてしまい、良いエネルギーが生まれないのです。

洗面所でメイクをする

洗面所でメイクをする
洗面所は汚れを落とす場所。風水の考え方のベースでもある「五行説」で言うところの水に属します。

一方、メイクの属性は火。火のもつ気が水によって消されてしまい、美容運ダウンにつながります。メイクは必ずリビングや寝室でするようにしましょう。

どうしても洗面所でしたい場合には、洗顔→メイクといった連続性を断ち、洗顔→着替え→メイクなど間に別のアクションを挟みましょう。

トイレで電話やメールをする

トイレは不浄の場所。家の中でも最も気がよどみ、厄が憑きやすいと言われています。

そんな場所から電話やメールをすると、相手にマイナスの気まで送ることになってしまいます。例えば、内容が食事の約束だったり、相談事だったりすれば、それ自体が上手くいかなくなる可能性も。

また、トイレに写真やカレンダーを飾るのも同様にNGです。

ネットショッピングばかりしている

ネットショッピングばかりしている
新しいお店や話題のお店には、プラスのエネルギーが集まっている為、実際に足を運ぶことで人気運アップにつながります。

それはパソコンやスマホの画面からは得られないものです。リアルなエネルギーを受ける事が開運のポイントですよ。

髪の毛を手でいじる

髪には、陰の気がたまると言われています。それをいじるということはつまり、陰の気を周囲に振りまいている事に他なりません。

それに、前髪を顔から払ったり、毛先をいじるといったしぐさは、落ち着きがない印象を与えます。

周りに不快感を与えない為にも、ピンで留めたりまとめるなどして、清潔な髪型を心掛けましょう。

安い食器を使う

安い食器を使う
食器は財産を意味します。つまり安い食器を使っていると、その食器が持っている程度の金運しか得られないという事になります。

かと言って高価な食器を持っているだけでは意味がありません。日常的に使ってこそ、運気をつかさどるのです。

また食器を丁寧に扱うしぐさも運気アップにつながりますよ。

財布がいつもパンパン

財布はお金にとっての家。居心地が悪ければ、もっと良い家へとすぐに出て行ってしまいます。

お札とお札の間に領収書が挟まっていたり、端が折れていたりしていませんか?最低でも週に1度は中身を整理して、お金にとって居心地の良い環境を作ってあげて下さいね。

バッグを床に置く

大切なものを入れているバッグは、財産を意味します。そして、外出先の地面や床は不特定多数の人の足に踏まれ、たくさんの厄が憑いています。

そんな所に直接バッグを置くと金運が下がってしまうのです。カフェやレストランで、バッグを入れる専用のカゴや置き場が無い場合には、イスと背中の間に置くか、膝の上に置きましょう。

南枕にして寝る

南枕にして寝る
風水では、就眠中に運気が体に入ってくると考えられています。そして最も良いとされる寝方は、頭を冷やして足元をあたためる北枕

一方南枕は、北から入ってきた良い気を足で蹴散らせてしまうので逆効果。その結果、空気が読めない人と煙たがられる可能性もあります。

運気アップは日々の心掛け次第

いかがでしたか?ついついやってしまいがちなこれらのしぐさ。

心当たりがあるという人は、これから日々のしぐさに気を付けて、より良い運気を呼びこみましょう!

WRITER

Aki

Aki

口癖は「大丈夫!」これだけで数々のピンチを切り抜けてきた、“七転び八置き”を地で行く人生を謳歌している30代。内面のスキルUPをメインに紹介していきます。