ページトップへ

ファッション2015/08/16 15:00

2015秋冬トレンドファッションは?女性誌10冊から流行をキャッチ&スクープ!

女性ファッション誌10冊から、秋冬のトレンドファッションキーワード&絶対流行るトレンド服をピックアップ。 スカーチョ、コーディガン、ボヘミアンなファー、スエード、フリンジ、フラワー。 ネイティブ柄やボウタイブラウス、ノースリニット、つけタートルetc。 完売必至の人気アイテムからスタイリングまで、トレンドコーデテクもご紹介。

2015秋冬トレンドファッションは?女性誌10冊から流行をキャッチ&スクープ!

秋冬のトレンドをキャッチ&スクープ!

プルーレ編集部による、シーズン恒例の女性ファッション誌10冊総チェック!
今回は、Ray・sweet・MORE・ViVi・Oggi・CLASSY・25ans・CanCan・With・ELLEの各9月号でプッシュされていたトレンドキーワードをピックアップしてみました。
紹介しているアイテムは、現在ショッピングサイトでもヒット中なので、気に入ったら早めにゲットしちゃって下さいね!

2015年秋冬はシティボヘミアンがトレンド

春夏からの70s流行はまだまだ健在の様で、とにかくどの雑誌でも目にしたのが『ボヘミアン』
更に全誌に共通していたのが、

「都会的なフォークロアスタイル」
「ちょいボヘミアンな愛されルック」
「スイートボヘミアン」

といったシンプルコーデに1点投入で、ほんのり味付けするというもの。
配色や素材感で甘辛に仕上げるのが、70sフィーリングを楽しむコツのようです。

ボヘミアンなファーベストとポンチョ!

photo by magaseek.com

薄アウターがわりに秋イチで絶対くる!とプッシュされていたのがポンチョやケープ。
Tシャツの上からでも簡単に羽織れるポンチョ風ストールが使えそう!

photo by magaseek.com

フォークロアテイストのファーベストもよく見かけました。
存在感があるので、他はシンプルにまとめるのが都会的に魅せるコツのよう。
Tシャツ×ガウチョの夏スタイルにオンして秋を先取りできますね。

スエード&フリンジは外せない!

photo by magaseek.com

今までは小物で取り入れるのがスタンダードだったフリンジも、今季は洋服が大豊作!
ヒッピーチックなものも良いけれど、こんなトラッドタイプならオフィスでもOKですね。

photo by magaseek.com

スカートでの提案が多かったスエード。
キレイ目なタイトかフレアをチョイスすれば、上品な最旬トレンドが完成。
手入れが簡単で値段も手頃なフェイクスエードを選ぶと安心ですよ。

カラーはカーキ・キャメルベージュ・ダークオレンジ

photo by magaseek.com

今シーズンのベースになっているのが「アースカラー」。
中でも注目はキャメル。
ベージュアイテムで作ったワントーンコーデを展開している雑誌が目立ちましたよ。

また、おしゃれな女子の間で話題になっているのがダークオレンジ。
こちらもベージュやブラウンとのワントーンがおススメ。

photo by magaseek.com

春夏から流行しているカーキは、キレイ目路線で今季も継続中。

photo by magaseek.com

さし色としては、深みのある大人なバーガンディ―と、甘くないくすみピンクがあがってましたよ。

柄は秋色フラワープリントとトライバル柄

photo by magaseek.com

外せないトレンドのひとつになっているのが、ちょっとヴィンテージ感のある花柄。
カーキやネイビー、マスタード、ブラウンなど、秋冬らしいこっくりとした大人っぽいカラ―が続々と発売されています。
アウターはJKやMA-1、ロングカーデ等ちょっとマニッシュなタイプとコーデされてましたよ。

photo by magaseek.com

1着取り入れるだけでインパクト大なネイティブ柄は、ガウンやストールで取り入れるのが良いみたい。
羽織るだけで、速攻70sテイストになれますよ。

ワンピやセットアップはニットに注目!

photo by magaseek.com

サイドにスリットが入っていたり、ちょっとアシンメトリーになっているニットワンピが
新しいシルエットとして人気が出そうです。

photo by magaseek.com

らくちんセットアップも今季はニット素材が注目されているよう。
単品でも着まわし力があるので買って損無しですね。

トップスはボウタイブラウスとノースリーブニット

photo by magaseek.com

合わせるボトム次第でハンサムにもレディにもアレンジできるボウタイブラウス。
マニッシュなワイドパンツと合わせた甘辛バランスの着こなしが提案されていましたよ。

photo by magaseek.com

1枚でもレイヤードでも使える、この秋マストなアイテムとして全誌でプッシュされていたのが、ゆる&ざっくりなハイネックのノースリーブニット。
長袖よりもヌケ感があり、晩夏から秋を先取りできちゃいますね。

ボトムスはワイドパンツとスカーチョ

photo by magaseek.com

旬のビッグシルエットは、モードな雰囲気が漂うワイドパンツから。
女っぽトップスと合わせて、フェミニンさもプラスするのがお約束!

photo by magaseek.com

ガウチョ×スカート=スカーチョ無くして今年の秋は始まらない!
という位、全誌で猛プッシュ。
色は、カーキやキャメルにダークオレンジが主流。
トレンドのスエード素材や、オフィスにもOKなフレアシルエットがおススメ。

デニムはバギーとダメージ

photo by magaseek.com

裾フレアなシルエットが新鮮なバギーデニムは、正に70s。
ヒールを合わせて女っぽく着こなしたいですね。
インディゴなら黒やキャメルとの相性は抜群です。

photo by magaseek.com

ダメージデニムも秋冬はちょっぴりキレイ目指向。
品良く見せながら適度なヌケ感を作ってくれます。

アウターはロングカーデとコーディガン

photo by magaseek.com

秋口に活躍するロングカーデは、春夏から更に長くなっています。
マキシスカートやワイドデニムと合わせたロング×ロングコーデが新鮮!

photo by magaseek.com

秋~冬の狭間に必須なのがガウン風アウター!という事で、コートとカーディガンの中間『コーディガン』が登場!
程良いゆるさをプラスできる所がいいですね。

photo by magaseek.com

定番のチェックアイテムも今季はガウンタイプ推し。
長め丈で、カジュアルな印象のチェックも大人っぽく着こなせます。

小物はハットとスカーフが使える!

photo by magaseek.com

去年から人気のハットですが、特に縦長コーデが多い今季はこれひとつで重心も目線もアップ!
しかも手軽に70sテイストに。

photo by magaseek.com

柄スカーフも多く見かけました。
なんてことないニットやシャツの首元に、サラリと巻いたり垂らしたり。
1点投入でこなれ感アップ!

つけ襟ならぬ「つけタートル」が登場!

つけ襟ならぬ「つけタートル」が登場!

photo by shop.cocodeal.jp

季節を繋ぐのに便利な「つけ襟」に、タートルニットが登場するようです!
今季トレンドのタートルレイヤードスタイルもこれで完成しちゃいますよ。

まずは小物から取り入れてみて!

この秋、大流行のボヘミアンスタイル。
まずは、キャメルやブラウンカラーのスエード、ストールやハットなどから取り入れてみると良いですよ。
少しずつ木々の葉が色付くように、あなた流の秋のオシャレを楽しんでいきましょう!

WRITER

抹茶

抹茶

占いと甘いモノが大好き!「甘いモノ、食して己に甘くなる」今日この頃。一向に治まる気配が無い「物欲」が悩みの種。