ページトップへ

ファッション2014/08/29 12:00

3秒で決まる!第一印象を操作するカラーコントロール術

わずか3秒で決まると言われる第一印象。そんな“見た目”印象を格段にアップさせるのが「パーソナルカラー」。 今回は自分で出来るカラー診断から、各タイプの特徴や色の取り入れ方等をご紹介。 自分に似合う色を知って、より魅力的なあなたをアピールしましょう。

第一印象の決め手は“パッと見”!

第一印象の決め手は“パッと見”
人が他人から受け取る情報の割合は、言葉の内容が僅か7%。93%は、顔・表情・服装・しぐさ・声のトーンなど「非言語的コミュニケーション」で構成されていると言われています。

中でも、顔・表情・服装と言った“視覚”による割合は55%と半分以上を占めています。つまり、あなたの第一印象は“パッと見”のわずか3秒で決定付けられているのです。

ではその“パッと見”の第一印象をアップさせる為には、どうしたら良いのでしょう。

“見た目”印象UPのカギは『色』

肌の色や瞳、唇の色が一人ひとり異なるように、人にはそれぞれ似合う色があります。

そしてファッションやヘアメイクなど、身につける色はその人の顔立ちの印象、つまり“見た目”の印象を大きく左右します。

似合わない色の服を着ると「肌がくすんで見える」「シワやシミが目立つ」「老けて見える」等マイナスな印象を相手に与えてしまいます。

逆に似合う色の服を着ると「肌が明るく見える」「表情が輝いて見える」「個性が引き立つ」等プラスの印象を相手に与えてくれるのです。

そして自分自身も自然と表情が輝いて自信が持てるという、色には不思議なパワーがあります。

自分に似合う色=パーソナルカラー

そんな相手にプラスの印象を与えてくれる色のことをパーソナルカラーと言います。ここぞという時や、洋服を選ぶときの基準にしてほしい「色」になります。

そしてこれは大きく4つ、春・夏・秋・冬のシーズンタイプにカテゴライズされます。

では早速あなたに似合うカラーは何タイプなのか、診断してみましょう。

自分で出来る簡易カラー診断

自分に似合う色=ハ-ーソナルカラー
下記4タイプの項目の当てはまるものにチェックを入れてみましょう。

最も数が多いタイプがあなたのカラータイプ、複数が同数ならブレンドタイプになります。ではレッツトライ!

“明るくてカジュアル”な『春タイプ』

□肌色:明るい。頬はコーラルピンク。
□質感:艶がある
□日焼け:最初は赤くなるが、最終的には黒くなる。
□肌の厚み:比較的厚い
□目の下のクマ:あまり目立たない

《特徴》
基本カラー:イエローベースの明るく楽しい色。春の花々の様な瑞々しいイメージ。
ベストカラー:カナリーイエロー、ライトオレンジ、フレッシュグリーン、アクアブルーなど
柄・模様:小花柄やドッド柄、細かいチェック柄
芸能人:ベッキー、梨花

“都会的で大人っぽい”『秋タイプ』

□肌色:黄みが強い。落ち着いたオークル。頬はコーラルオレンジ。
□質感:マット
□日焼け:ブロンズ色に濃く、きれいに焼ける
□肌の厚み:比較的薄い
□目の下のクマ:あまり目立たない

《特徴》
基本カラー:深いイエローベースの落ち着いた色。秋の紅葉の様にシックでアダルトなイメージ。
ベストカラー:ヨークイエロー、ブラウン、カーキ、トマトレッド、ハーブグリーンなど
柄・模様:アニマル柄やペイズリー柄、エスニック
芸能人:山田優、黒木友香

“ソフトで上品”な『夏タイプ』

□肌色:透明感があり、あまり血色が無く白い
□質感:キメが細かい
□日焼け:赤くなりトラブルを起こしやすい
□肌の厚み:薄いので赤くなるとわかる
□目の下のクマ:青く目立つ

《特徴》
基本カラー:ブルーベースで透明感のある柔らかい色。紫陽花や高原の朝もやの様なイメージ。
ベストカラー:パステルブルーやピンク、ミントグリーン、ライトレモンイエローなど
柄・模様:水彩画や細いストライプ
芸能人:加藤ローサ、観月ありさ

“ドラマチックで華やか”な『冬タイプ』

□肌色:血色も頬の赤みも少ない
□質感:陶器のようになめらか
□日焼け:くすみ、シミになりやすい
□肌の厚み:厚い為顔色が分かりにくい
□目の下のクマ:青く目立つ

《特徴》
基本カラー:ブルーベースの濃い無彩色やビビッド系の色。緊張感のある冷たい空気のイメージ。
ベストカラー:白、黒、ロイヤルブルー、パンジー、レモンイエロー、グレイなど
柄・模様:幾何学模様や太い線のストライプ
芸能人:中島美嘉、仲間由紀恵

自分色はフォーカスポイントに持ってくる

額から胸元までの約30センチは“フォーカスポイント”と呼ばれ、第一印象を決める場所だと言われています。

つまり、トップスやストール等、自分のベストカラーをこのフォーカスポイントにもってくる事で、相手に伝わる印象は格段にUPさせることができますよ。

好印象カラー以外の着こなし方

「パーソナルカラーと反対色の服を既に持っている場合はどうしたらいいの?」とお困りの方がいるかもしれませんね。

その場合は反対色のものよりも、パーソナルカラーをストールなどで顔に近い場所に持ってくれば問題解決です。うまくカモフラージュすることができますよ。

同時に「反対色だけど好きな色だから取り入れたい…」と思っている方も、バッグや靴、ボトムスなどの顔から遠い場所に取り入れると大丈夫です!

気になる方はプロの診断を

3秒て-決まる!第一印象を操作するカラーコントロール術

photo byLoyal O.A.K

あなたのカラーは何タイプでしたか?イメージ通りだったという方もいれば、意外だったという方、自分が好きな色と似合う色が違い過ぎてショック…という方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも大切なのは、まず自分に似合う色を知る事です。是非、自分に似合うカラーでコーディネートをしてみて下さい。きっと今までとは違うあなたと出会える筈ですよ。

但し、今回紹介したのはあくまで簡易診断になります。より正確なパーソナルカラーを知りたい場合はプロに診断してもらう事をおススメします。

その場合“パッと見”だけの診断ではなく、きちんとメイクオフした上で本来の肌の色や肌質から診断してくれるアナリストの方が信頼できますよ。

WRITER

モカ

モカ

やさぐれ感が否めないアラフォーシングルマザー。息子と仕事、レゲエ&ソウルをこよなく愛している。良くも悪くも、HOTな経験を活かしてDon't worry Be happyなコラムを執筆中。