ページトップへ

エンタメ・その他2015/03/03 20:30

セルカレンズでセルカ棒のデメリット全て解決!進化する自撮りアクセ

急激にインターネット上で増殖した「セルカレンズ」というワード。なんとスマホカメラにクリップでとめるだけでセルカ棒同等の効果を発揮するというではないか! 更にどうやらセルカ棒におけるデメリットがセルカレンズだと全て改善されているという…。次世代の自撮りアクセ。もっと手軽にコンパクトに写真を撮りたくない?

流行必至!

ここ24時間の間に急激にインターネット上で増えているワード。それは「セルカレンズ」。

これは近年爆発的な人気を博したセルカ棒のそのまま「レンズ」バージョン。

しかもどうやらセルカ棒におけるデメリットをすべてカバーした素敵アイテムだという。 その仕組みと使い方、知りたくない?

セルカレンズとは?

スマホのカメラにクリップで装着する専用レンズのこと。
 
クリップで装着だから、スマホ機種の相性もあまり考えなくていいっていうのが何とも嬉しい。セルカ棒のようにかさばらないから、持ち運びも楽ちん。
 
さらに外向き、内向きのカメラにも簡単装着ができちゃう。

そしてなんとその装着するレンズの種類も豊富になっている!

 

★自撮りレンズ SUPER WIDE 0.4x SELFIE CAM LENS

スーパーワイドレンズとレンズキャップ、持ち手クリップに専用ポーチがセットになった王道セルカレンズ。

 

★SELF CAMERA LENS【3in1】

何と「魚眼レンズ」「広角レンズ」「接写レンズ」と3種類のレンズセット!写真の幅を広げたいのならコレが一押し!

 

★universal clip lens

カラフルで可愛いものは女子にも人気が出そう!

業界関係者からのお墨付きもある!

「セルカ棒と比較した場合、同じように腕を伸ばして写真を撮っても、より広い空間を撮ることができる長所がある」とし「実際にDSLRカメラ(※)とセルカレンズを装着したスマートフォンで撮影した写真を比較しても大きな違いはないほどだ」
http://mottokorea.com/より抜粋

とまで言われている…。そう、注目すべきはセルカ棒より腕を伸ばして撮っただけのほうが「より広い空間を撮ることができる」と言われている点!

めいいっぱいセルカ棒を伸ばしても理想の写真が撮れなかったものも、セルカレンズなら撮れちゃうかも!?

それによく考えてみると今のスマホの写メ機能ってすさまじいよね。

映像の彩度でいえばデジカメに一切劣らない。それにレンズの付け替えだけでもっと撮り方の幅が広がるならば…。

まさに無限大の楽しみ方があるってことでしょう!

(※)撮影レンズから入ってきた光をそのままファインダーで確認して撮影することができるデジタルカメラ。そのため見たままを撮影することができる高価なプロやマニア向けの中高級機のこと。

セルカレンズのメリット

ここまで言っておいて、さらにダメ押し!セルカレンズのメリットを箇条書きでまとめてみた。

*ナチュラルに広範囲の撮影が可能
*手持ち撮影なので携帯落下の心配も軽減される
*人通りの多いところでも小スペースで撮影が可能
*軽くて持ち運びに便利
*バッグの中でかさばらない
*ブルートゥースなどに振り回されない
*撮影角度の修正も楽チン etc…

最早セルカ棒でのデメリットをすべて解決してくれるアイテム。

特に女性は近年、バッグの流行りがクラッチバッグや小ぶりのハンドバッグ・ショルダーバッグになってきているもの。(2015年春夏は特に)

それなのにセルカ棒を持ち歩く、となるとファッションを取るか思い出を取るか…難しい二者択一になりがち。その悩みもセルカレンズならキレイに解決してくれる。

むしろイベント好きな人やカップルなんかは1個は持ってて損はないはず!

自撮りは進化する!

自撮りは進化する!
セルカ棒ってそもそも日本が発明したアイテムだったって知ってた?しかも1980年台初頭からすでにあったという…驚きだよね。

それも流行して数年でこうやって進化しちゃう。

更にセルカ棒やこのセルカレンズ。これらが巷で「自撮りアクセ」と呼称されだしている。

アクセというからには今後もどんどんいろんな自撮り専用アクセサリーが展開される可能性があるのかもしれない。そう考えるとわくわくするね。

●歳の今はもう後にも先にも訪れない!流行を利用しながら、納得の1枚を流行を残しておかなきゃもったいないよ!

 

iPhone関係のアイテム数8000点以上!どこにもないはここにある「AppBank Store」

WRITER

くらげ

くらげ

ライフワークは情報収集。新聞・雑誌、大手ネットニュースにSNS等々…もはやチェック依存症。そんな病気が生きるとき。知らないよりは知っときたい、そんな情報をふわふわ。時々ビリッ!と提供、したい所存。