ページトップへ

エンタメ・その他2015/09/25 15:00

花火は夏のみならず!秋に開催される穴場花火大会に行こう♡

花火といえば夏!でも、実は秋にも楽しめちゃう穴場の花火大会があるんです。 夏に忙しくて花火を見にいけなかった人も、まだまだ花火を楽しみたいという人も、みんなで楽しめる秋の花火大会の情報をお教えします!

土浦全国花火競技大会【10月3日(土)開催予定】

土浦全国花火競技大会

photo by tsuchiura-hanabi.jp

日本三大花火大会の一つにもなっている、茨城で開催される土浦全国花火競技大会も、秋に開催されます。

東京から近く、秋に開催される花火大会にしては20000発が打ち上げられるという規模の大きさからも、非常に人気の高い花火大会になっています。

音楽を聴きながら打ち上げ場所の近くで見られるという河川敷の席は有料席となっているため、可能であれば購入するとより迫力を感じられるのでおすすめです。

2015年は10月3日(土)に開催予定となっています。

藤沢市花火大会【10月17日(土)開催予定】

藤沢市花火大会

photo by fujisawa-kanko.jp

以前は8月に開催されていた江ノ島花火大会が、10月開催となって名前が変更されました。

都内からも電車で気軽に行ける片瀬海岸の西浜でおこなわれるこの花火大会は、湘南エリアで唯一、特大の2尺玉があがることでも知られています。

その大きさはなんと直径約480m、水上で打ちあがるために音も響くため、その迫力はものすごいものとなっています。

今年は遊泳禁止などで江ノ島に行けなかったという人も、この花火でリベンジできますね☆

2015年は10月17日(土)の開催が予定されておりますが、雨天や荒天の場合は翌日の18日に順延されるので、見に行く人は江ノ島の天気を要チェックですね♪

長野えびす講煙火大会【11月23日(祝)開催予定】

長野えびす講煙火大会

photo by nagano-cci.or.jp

花火といえば長野県ということで、全国から花火ファンが集結すると言われる、知る人ぞ知る花火大会がこの長野えびす講煙火大会です。

ワイドスターマインなども上がる大規模な花火大会であり、時期も遅いことから全国の花火職人がその年の集大成として参加するために、花火のレベルも非常に高くなっています。

開催場所が長野県であるということで関東から行く人が少なく、そこまで混雑しないというのも魅力です。

また、同時に全国十号玉新作花火コンテストも開催されるため、非常に盛りだくさんなプログラムになっています。

ゆっくり見たいという人には、お弁当やひざ掛けなどが付いてくるプレミアムシートや、信州特産土産や使い捨てカイロが付いてくるえびすシートなどの有料席がおすすめですよ。

2015年は、11月23日(祝)に開催予定となっています。

秋の澄んだ空気で花火がより綺麗に♡

秋の澄んだ空気で花火がより綺麗に♡

photo by tsuchiura-hanabi.jp

夏に比べて空気が澄んでいる印象がある秋には、穴場の花火大会があるだけではなく、その澄んだ空気で花火がより一層綺麗に見えるという人もいます。

夏の風物詩である花火は、実は秋にこそ楽しめるものなのかもしれませんね♪

WRITER

めぐこむ

めぐこむ

学生時代の夜のお仕事や幼い頃からしてきた映画や舞台などのお仕事から、「実際に使える!」素敵な女性になれる(見える?)ワザをお伝えします!