ページトップへ

エンタメ・その他2014/06/28 12:00

ゴリラがバッターボックスに立つ『ミスターGO!』

5月病に苦しめられている人も多いこの時期。中々現実に戻りきれないのならば、いっそのこと非現実世界にどっぷりと浸かってみてはいかがだろう。丁度注目しているとある作品が公開間近なのだ。これはそんな映画のススメである。

主役のプロ野球選手は体重300 kg、握力500kg、好物はバナナ

主役のプロ野球選手は体重300 kg、握力500kg、好物はバナナ
5月24日に公開予定の韓国映画『ミスターGO!』。

ストーリーは超弱小プロ野球チームが起死回生の秘策として、ゴリラのミスターGOをスカウトするというもの。もちろん世間に衝撃が走る。しかしミスターGOは初打席でバックスクリーンに突き刺さるほどの大ホームランを放つ。

その後も代打の切り札として活躍するミスターGOに人々は熱狂。日本の球団もミスターGO獲得に向け動き始めた。ライバル球団は対抗するためにゴリラ投手ZEROSを投入。しかしゴリラ対ゴリラという世紀の対決を前に、ミスターGOの膝がもう使い物にならないことがわかって…。

「あり得ない」が大前提

「あり得ない」が大前提
どうだろう。興味が沸いてこないだろうか。大まかなあらすじは確かに「あり得ない」のだが、そのあり得なさがどこまでなのかを確かめたくなってこないだろうか。

実際にすでに先行上映を観た人がレビューを書いているのだが、とても見応えがあったと評価している。

「笑いだけではなく、元気・活力を得られ、温かい優しい気持ちにさせられる」作品だったという。(出典:MovieWalker

韓国映画は人の心情描写をとても美しく表現するイメージがあるだけに、余計興味をそそられる。

まさかのオダギリジョーが出演している!?

まさかのオダギリジョーが出演している!?
ミスターGOの獲得を狙う日本のプロ野球チーム・中日ドラゴンズのオーナー役としてでオダギリジョーが出演している。

この作品の監督は『カンナさん大成功です!』を手がけたキム・ヨンファ。彼は3年前のカンヌ映画祭でオダギリさんと知り合い、ひょんなことから出演が決まったのだという。

まさか作中に日本人が、しかもそれがオダギリさんであると知って、個人的に観たい欲求に火がついた。

頭が働かない、倦怠感を感じる等の症状がある人。病は気から。非現実世界を観て笑いに行くのもいいのではないだろうか。もしくは「ゴリラだって頑張っているんだ」と頭を切り替えるのもいいかもしれない。

WRITER

Toru

Toru

本と映画が好き。音楽も好き。漫画もアニメも好き。自身を満たすそれらの魅力を少しでも伝えられたら幸い。雑食のため、薦められたままに食します。