ページトップへ

キャリア2016/11/25 19:18

転職に失敗する人の特徴はコレ!成功する人との決定的な違いは?

人が転職する理由とは何なのでしょうか?刺激や安定、それともお金?仕事内容・人間関係etc…人それぞれ何らかの理由があって転職を希望するものですが、その転職が必ずしも成功するとは限りません。何故転職に失敗してしまうのか、そんなことを考えたことのある人はいませんか?転職に失敗する人とはどのような人なのか、失敗しないためのコツをご紹介しましょう。

お家デートはもう飽きた!インドア彼氏をデートに誘うとっておきの方法3つ
 

転職に失敗する人・成功する人・・その違いとは?

何かを求めて転職するも、その転職が失敗することというのよくあることです。考えに考えた末の転職なのに、なぜ失敗してしまうのでしょうか?
失敗する人と成功する人との違いを見てみましょう。

転職に失敗する人の特徴

お家デートはもう飽きた!インドア彼氏をデートに誘うとっておきの方法3つ
・「何となく転職したい」「友達もしているから」などと、転職する理由が曖昧な人
・冷静にみれば給料面も人間関係も申し分ない会社なのに、そんな安定している現状に気づかない人
・「今よりも輝かしい未来が待っている」と、転職先に根拠のない過大な希望を持ってしまっている人
・ただ「転職」という言葉だけに憧れを持ち、転職した後「どうしたいのか」という目的を特に考えていない人

転職に成功する人の特徴

お家デートはもう飽きた!インドア彼氏をデートに誘うとっておきの方法3つ
・職場場の環境よりも仕事面に重点をおいている(仕事自体にこだわりがある)人
・コミュニケーション能力が高く、人とうまく付き合える人(人の扱いがうまい人)
・それ相応の学歴を持っている(学歴が高い人の方が仕事の選択肢が広がる)人
・「自分なんて・・」などというマイナスな思考(焦りなど)を持っておらず、常に前向きな姿勢でいられる人

キャリアプランについて

年功序列、1つの会社で働き続ければそれなりの保証があったという「終身雇用制」が当たり前の時代もありました。そんな時代は、会社側が年功序列という名の元で、個人個人のキャリアプランを立ててくれていたといえます。でも、現代の日本では終身雇用制が崩壊しつつあり、自分で自分のキャリアプランを立てなくては生き残れなくなってきています。
未来の自分のためにも、キャリアプランを立てていく必要があります。

キャリアプランの立て方

お家デートはもう飽きた!インドア彼氏をデートに誘うとっておきの方法3つ
1.まずは身の回りのことを考えてみましょう。
今までの自分を振り返り、自分の強みや弱みを見出します。

例・・「頼まれた仕事は完璧にこなせるが、アイデア等自分から発する作業は苦手」「資格などスキルはあるのか」「強い業界、弱い業界の分別」「突発的なトラブルには向かない」など
 
2.将来的な自分の希望
1年後、2年後の自分ではなく、5年後10年後、または15年後と先々の自分をイメージできるようにしましょう。給料面だけでなく、自分の暮らし方や仕事の仕方などのイメージを立てることも大切です。
 
例・・「将来、雇用される側でいたいのか、それとも起業・独立したいのか」「今の仕事を極めて更に高い地位へと上りつめたいのか」「将来地方に移り住みたいのだが、それでも仕事を続けることは可能なのかどうか」など
 
3.将来の自分のためにできること
目標に向かうためには努力も必要です。何をどのように努力すればいいのか、どのような道があるのかをイメージすることも必要です。年齢にもよりますが、できれば遠回りせず近道できる道を探しましょう。
 
例・・「英会話を習ってグローバルな自分を目指す」「独立に向かって経営学を学ぶ」「イベント参加などで人脈を作り、その道への太いパイプを掴む」など
 

キャリアプランを立てる際の注意点

お家デートはもう飽きた!インドア彼氏をデートに誘うとっておきの方法3つ
さて、後は実践あるのみ。考えているだけでは実現しないですよ。1.2.3とイメージできたら後は、実際に行動に移しましょう。
ただ、「やりたい事をするのに年齢は関係ない」なんて言う人もいますが、実際年齢は関係するものなので、20代・30代・・・それぞれの年代に合わせたキャリアプランの立てなくてはいけないということを忘れてはいけません。

20代

このような若い年代は、成果というよりも将来の可能性「成長」に期待を持たれます。可能性から採用されるため、採用される率は高い傾向にあるのですが、キャリアプランを見失い転職を重ねると将来的に不利ですので気を付けてください。
 

30代

ある程度の社会人経験があるとみなされる年代です。結婚をして家族がある人もいますので、自分のことだけでなく家族のことをも思ってのキャリアプランが必要です。転職チャンスはあるかもしれませんが、自分のことだけを考えていると失敗することがあるので気を付けてください。
 

40代

ある程度の方向性はハッキリさせておかないといけない年代です。家族のことも考えるとなかなか身動きがとれなくなる時期・・役職についている人も多いですし、安易に転職をして給料面に響くこともあるので気を付けなくてはいけません。将来と現在の家族への影響を考えて慎重にキャリアプランを立てるようにましょう。

女性の場合は結婚・出産などのことも考えてのキャリアプランが必要です。人生を左右する出来事が男性よりも多い傾向にあるので、柔軟なキャリアプランを立てた方がいいでしょう。

会社側が求める人材とは

お家デートはもう飽きた!インドア彼氏をデートに誘うとっておきの方法3つ
当然スキルなども採用基準の一つとなりますが、それ以前に人となり(人間性)をそれとなく会社側は見ているものです。ただ仕事ができるだけではない人間性とはどのようなものなのでしょうか?会社側が必要としている人材とは?

・素直である
「何でもハイハイと言うことを聞く」ということではなく、仕事に向き合う際の姿勢に対する素直さを求める傾向にあります。「様々な困難からも逃げずに真っすぐ向き合う」「新しい会社、新しい環境に合わせるよう努力する」そんな素直さを会社側は求めています。
 
・仕事の方向性が会社の方針と合っている
会社には方針・方向性というものがあります。何のために仕事をするのか、どういう方向に仕事を持っていきたいのか、会社の方向性に従えない人材とは一緒に仕事はできないと考える傾向にあるのです。
 
・協調性がある
 仕事はチームワークです。自分のことばかりで周りのことを考えられないという人と一緒に仕事するのは、なかなか難しいことと考えられています。
 
・全体的な雰囲気が良い
イケメン・美人・・とかそういうことではなく、人ウケがいいかどうかというところを会社側はみています。どちらかといえば、暗いというよりも明るい雰囲気・印象を持っている人の方が採用されやすい傾向にあるものです。

転職を失敗させないためにできること

お金のことだけを考えるのであれば、仕事内容よりも給料面だけを見て転職すればいいのですが、やはり多くの人は仕事内容も重視しますよね。転職した後の事をちゃんと考えておかなければ、結果的には転職を重ねることになってしまいます。

転職を考えるのであれば、今一度、

・転職する理由
・今までの自分の仕事への姿勢
・スキル・能力の有無
・転職後の理由

これらをよく考えてからにしてくださいね。

転職に転職を重ねたとしても決して悪いわけではありません。失敗してしまったら次に行くという選択肢ももちろんあります。でも、あまりにも転職ばかりをしていると、その後の転職に影響することもあるのです。そこのところは、ちゃんと考えて行動を起こしてください。時に自分の考えを曲げなくてはいけないこともありますが、そこは柔軟に対応しなくてはいけません。

とはいえ、なかなか難しい・・自分一人で考えるのには限界がありますね。迷ったり行き詰まったりしまうことがあると思います。
そんなときは無料転職支援サービスというものがありますので、転職のプロに一度相談してみましょう!一般求人では見つけられない、非公開求人も多数取り扱っています。
しっかりコンサルしてもらうことで、あなたが探していたお仕事が見つかるかもしれません。

無料転職支援サービスはこちら
お家デートはもう飽きた!インドア彼氏をデートに誘うとっておきの方法3つ

WRITER

裏方

裏方

Pleureのデザインと開発を担当しています。ゴーヤとコーヒーと猫が好き。

KEYWORD